« 映画感想文「KOTOKO」 | トップページ | ラッコラララララッコ。 »

2012年4月25日 (水)

ずっと抱きしめていたいもの。

何日前の事だったろうか。
もう、半月くらい前かもしれない。

「手放したくなくなったから、頑張る」というような内容の事を、twitterでつぶやいた。

それは昔、私が、恋に悩んで、伝えるべきか否か迷ってる女の子に、何気なく伝えた助言で。
「1番大事なのは、その人を手放したくないと思うかどうか、ですよ」っていうような内容だったかな。
だから、まぁ、少し勘違いされたわけですけれども(笑)

恋に限らず。
人生って、そうだと思うのだ。
全てを選んで、全てを抱えたまま生きていくなんて、重量オーバーでつぶれてしまう。
あるいは、本当に大切な筈の物を、うっかりつかみ損ねて、落として壊してしまうかもしれない。
だから、人生の様々なポイントにおいて、必ず発生する、取捨選択。

今回、私が手放したくなかったのは。
自分が立ち上げたバンド、春雨LALAです。

クリスマス以降、全く練習しておらず。
ライヴの予定も決まってなくて。
そんな中、私は歌う事、歌を作る事の意味をなくしてしまって。
このブログの中でも、物凄く葛藤したのですが。
いろいろ考えた末。
私は、歌を作って見せていく、という以前に、もう、春雨LALAって場所が、その空間を作る人たちが。
たまらなく愛しかったのだ。
ああ、守っていきたいな、と心の底から思って。

また、大事な物が増えてしまった。
そこまで好きになって、終わる時に崩れてどうしようもなくなるのは、自分なのに。
続く未来を確信したとたんに、期限を切られて呆然とした日の事を、忘れたわけじゃないのに。
だからこそ、最初は、たった1回のライヴの為に協力して下さい、というコンセプトで作ったのに。
好きになってしまった。
その事に気付いてしまった。
戻れなくなった。

じゃあ、大切にしないと。

そんな思いで組んだ、今年初のスタジオ練習だったのですけれども。
私が、壊したくないと願えば願うほど。
いつも何処かにほころびが出来るね、って。
忘れていたから。
ちょっと打ちのめされた。

メンバーからの、脱退意思のメール。
引き止める術も、理由をはっきりと問いつめるだけの言葉も持ってなくて。
分かった、としか返事できなかった。

当日なので。
スタジオもキャンセルできないな。
3時間もあるし。
みんなに先に言うかな。
でも、メールって手法で上手く伝えられる気がしないし。
ギター教室遅れちゃう。
とりあえずギター持って行こう。
みんながやる気なくなったら、私が3時間練習すればいい。

もう、終わる事しか見えてなくて。
新しく探す、とか。
なんか無理かな、なんて。
ひとり抜けたら、じゃあ、別のバンドに集中する為に自分も抜けようかな、とか。
仕事忙しいし抜けようかな、とか。
誘ってくれた人居なくなるし、やめようかな、とか。
そうなるかと思ってた。
ああ、手放せないと思ったとたんにこれか、なんて。
ちょっと嗤ってみたり。

ギター教室の間も。
なんとか神経繋いだけど。
幾分、上の空で。
ああ、ごめんなさい、って思った。

でも、スタジオついて。
一人一人に、事の顛末を話したら。
みんな、けっこうあっさり、「あ、そうなんだ」って感じで。
あれ?って思って。

確かに、音が足りなくて、うわわわ、って思う瞬間があったんだけど。
それ以上に、みんなが変わらず楽しそうに音を出してた。
途中で、ヴォーカルそっちのけで即興セッションが始まったりとか。
凄く気持ちよくて。
ああ、いいメンバー集めたな、なんて感動したり。

練習終わって。
確認をした。
こんな事があったから、やっぱりみんなに確認しておきたいんだけど、続けていくってことで大丈夫なのかな、って。
そうしたら。
別に良いんじゃない?とか。
そして、無理してメンバー増やさなくても良いんじゃない?とか。
ライヴさせてもらえるなら、そりゃしたいけど、無いなら無いで、スタジオでみんなで音を出してる時間が楽しいんだから、良いんじゃない?とか。
しばらく4人で良いんじゃない?とか。
誰か入りたい人が居れば入って貰えば良いし、一緒にやりたい人が出てきた時に入って貰えば良いんじゃない?とか。

私は、崩してしまう事、バラバラになってしまう事しか想像できてなかったのに。
みんな、なんて強いんだろう。
というか、真っ当なんだろう。

少しのほころびすら認める事も修復を試みる事すらしないなんて。
私は、やっぱり何処か欠陥品。

強いメンバーと一緒で良かったです。
楽しいです。
私は幸せ者だ。

やっぱり手放したくないです。
だから、本気出す。

泣きながら電話に手をかける夜になるんじゃないかと思ってたけど。
スタジオの録音聴きながら、妙にニヤニヤする夜になってしまった。

また、はじまる。

|

« 映画感想文「KOTOKO」 | トップページ | ラッコラララララッコ。 »

コメント

カタチあるものはいつか消える。
でも
残るのは精神。

いつだっていやになるくらい
くりかえす。

でも、楽しい時間は本物だ。
最大限の努力で守ろう。

僕もバンドを失って、その理由にも驚いたけど。

僕はもうあの場所に戻らない。

しばらく流浪の旅をする。

またいつか、そんな時がくるかもしれない。

投稿: サニー | 2012年5月12日 (土) 00時34分

>サニーさん

ありがと。
私はもう少し、手放さない方針で頑張っていく。

投稿: 花居@管理人 | 2012年5月13日 (日) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ずっと抱きしめていたいもの。:

« 映画感想文「KOTOKO」 | トップページ | ラッコラララララッコ。 »