« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月28日 (月)

東京旅行の事。〜金環日食の件〜

5月20日〜21日で、東京旅行に行ってきた。
メインイベントは、金環食を見に行くこと。
そう、大好きなバンドDREAMS COME TRUEが歌う「時間旅行」という曲に出てくる、金環食。
本当は。
大切な人の隣で。
その美しさを一緒に感じながら。
見るものだと思っていたけど。
私の隣で見たいなんて言ってくれる奇特な男性は居なかったので。
友人夫婦の家にお世話になりました。

旅行の目的は、其れ以外にもあって、ちゃんと、時間軸で説明していくべきじゃないかな、と思ったけど。
メインから書きたかったから。
良いよね?(笑)

友人宅で。
目覚ましセットして、6時起床。
目覚ましよりほんの少し早く目覚めてたので、お布団の中でtwitterのTLチェックしてた。
福岡は、雨だってツイートがあった。あらら、残念。
でも、私も人の事を笑ってられない。
カーテンの隙間からのぞく空は、どんより曇り色。
大丈夫かしら、これって雲が厚すぎて無理なんて事無いかしら、と不安になっていたけど。
起き上がって、準備。
軽く化粧をして、朝ごはんの準備して。(友人の旦那さんは普通に仕事だからな。)
TVに映し出される、各地の金環食情報をチェックして。
いざ出陣!!

そうしたら。
太陽が、大幅に欠けてるのが見えて!
そう、雲の隙間・・・と言うか。
太陽が、薄い雲のベールかぶってた。
だから、日食グラス越しだと、光が弱すぎて見えないんだけど、肉眼でしっかり見れちゃうという(よい子は真似しないでね・・・長時間は駄目だよ・・・)物凄い状態で。
そうしたら、丁度金環になるくらいに、太陽の周りだけ雲が切れたの。
日食グラスを、3人で回して、見た。
すごいねすごいね、って言いながら。
そのまま、友人の旦那さんは出勤(笑)
丁度中心線が通る地域にあるおうちだったので。
5分くらいはあったのかもしれないけど。
もう、刻一刻と変わっていく、そのリングの形に見惚れて。
写真なんて撮る暇無かった。
iPhoneを構えた時は、もう遅くて。
また、雲の陰に隠れてしまった。
でも、あの美しさは。
心の中から消えないな、一生。
本当に、空に浮かべた指輪だった。
太陽のリング。

私にとって大事だったのは。
ドリが歌った2012年の金環食、って思ってたんだけど。
あの美しさを1度見てしまったら。
ああ、次はいつ見れるのかしら、なんて。
ワクワクしてる自分が居る。

日本では。
2030年、北海道だね。
んー、行きたいね(笑)

日食当日は月曜で、平日にも関わらず、快く泊めてくれた友人夫婦、ありがとう。
一緒に楽しんでくれてありがとう。

ドリは、金環食に合わせて、アクセサリーブランドとコラボして、太陽のリングを発売していたけれど。
私は、その金額出すなら、ずっとずっと狙ってて、欲しくてたまらなかったアナスイの10金のリングを買う事にしました。
ええ、買ってくれる人なんて居ないから自分で買うんですよ(笑)
買ってくれる人の登場なんて待ってたら、多分一生手に入らんよ。
小さいけど、ダイヤも入ってて、凄くかわいいの。
お守りにしてる。
会社に行く時は、手持ちのチェーンを通して、ネックレスにして持ち歩いて。
そのままお出掛けする時なんかは、指にはめて、会社を出る。
手持ちのチェーンが、ちょっと短めなので。
もうちょっと、胸の辺りまでくるような長さのを買いたいなぁ、と思ってます。
どこに行ったらあるかなー?

別に、会社でも指にはめてて良いんだけど。
妄想されると面倒なので(笑)
あと、台所仕事も多いから、いちいち外すの面倒だしなー・・・なんて思ってるのでした。

指輪してると、私の手が大人っぽく見える。
手は、痩せてしまった時にシワシワになって戻らないから、嫌いなんだけど。
それでも、ちょっと綺麗に見える気がして。
るんるん気分になる。

お守りがあるって、大事。
指輪を、ちょっと空にかざしてみて。
あの日の太陽を、思い出してはにっこりしてしまう、そんな日々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

小沢健二さんの展覧会を見に行った。

福岡パルコで5月18日から28日まで開催されている、『小沢健二「我ら、時」展覧会とポップ・アップ・ショップ」を見てきた。
イシバシ楽器にふらりと寄った時に、チラシを見つけたのが、どれくらい前だったかなぁ?
ずっと楽しみにしてた展覧会。
東京から始まり、仙台・札幌・福岡・大阪・名古屋、と巡廻するんだとか。

じっくり見ようと思ったら、かなり時間がかかるらしい事は、何となく耳にしていた。
会社を飛び出して、一目散にパルコに向かう。

入場料を払って、チケットの半券を受け取ると。
最初に譜面台が置いてある。
そこに置かれた、紙。小沢さんの言葉。

一番最初の写真のナレーションは、必ず聞いて下さい、との事。
全部をしっかり聞いて回ろうとすると、結構な時間がかかります、との事。
心して、暗いトンネルの中に誘われる。

此処からちょっとネタバレていくので。
気にする方は、見に行ってから読んで下さいね。
見に行く方へ忠告。
時間は、1時間以上、必ず余裕を持って行って下さい。
私は、平日の夜という、込んでるとも空いてるともいえないような時間帯で。
展示物の前で、多少込み合う事があったものの、順路が決まってるわけではないので、ちょっと進んだり、終わって戻ったり(あ、でも再入場は出来ないから、出ちゃったら駄目ですよ)しながら、ゆっくり全部見て聴いて回って、18時40分くらいに入って出た時20時過ぎてたもんなー。
1時間以上見てたって事になる。
なので、あとは土日と最終日しか残ってないから。
込み合うのは必然かな、と。
パパーッと見てしまえる展示じゃないです。
本当に、ゆっくりと、時間の余裕を持って。
午前中が狙い目かもねー、と思います。

はい。
ネタバレていくよ?
いいかな?

いいですか?

いいよね?

いくよ?

ほいさっさ。

足下が、周りが。
暗くなって、聴覚が鋭敏になる。
其処で、微かに聞こえる雑踏。
浮かび上がる、小沢さんの写真。

ナレーションは、頭の上から降ってきた。
囁くような、優しい音量で。
1対1で話してるような、甘い声音で。
其れはまるで、耳から受け取っているのではなく、頭の中に直接語りかけられてるかのような錯覚。

小沢さんが、旅先で見た風景を、私も見る。
立ち止まって。
その写真が撮られた時に聴こえていたのであろう音、その時の小沢さんの思考。
写真の解説、では無くて。
あくまでも、言葉がベースのような印象を受けた。
その時、思った事、感じた事、考えた事、を。
伝えたくて。
その、伝えたい事が思い浮かんだ時、目の前にはこんな風景がありました、こんな場面に遭遇していました、というような。
そんな印象。

コカの葉っぱから考察する、アメリカ的な偏った思考、捕鯨問題。
無秩序に振り回される、異国のお祭り花火事情と、日本の正月の持ちについての考察。
電気が伝えてくれる音楽がなくなっても、私たちは歌えるのだろうか、とか。
日本人らしさ、について。
難しい事を薄めていこうとするアメリカンポップス、だけど自分はいろいろと詰め込んでしまう、その事を悪いとは思っていないし、むしろ其れを必要としてくれる人もいるのだという事実。
ライヴ音源も流れてた。

個人的に特筆すべきは天岩戸神社。
私も、先日行ってきたばかりで。
写真見た瞬間に分かったけど、ナレーションでも言っていた。
石を積み上げて、帰り道の無事を祈る、と。
私も、重ねて来たから。
その、祈る気持ちは分かるよ、と思いながら聴いた。
でも、其れはいつか崩れてしまうかもしれない、と。
だけど、新しく来た誰かが、また其れを積み上げていくのだろう、と。

そうそう、其れを書いて思い出した。
面白かったのは未来についての考察。
今を造っているのは、過去の自分だ、と。
だから、未来を造るのは今の自分だ、と。
シンプルで、当然の事の筈なのに。
私たちは時々忘れてしまうね。
夢見て願う事ばかりになって。
今が停滞してたんじゃ、いつまでたっても、何も動かないね。
胸に刻んでいかなきゃ。

ショップには、スカーフやTシャツや作品集。
この、作品集が、買えるなら・・・欲しいけどさ・・・。
15000円もするのよ・・・。
スカーフやTシャツは普通のツアーグッズくらいの値段。
何も買わなかったけどね・・・。

とてもボリュームのある展覧会だったのに。
見終わって、時間見て、本当にびっくりしたの。
そんなに長い事見てたっけ?・・・って。

とても濃密で、良い時間を過ごせます。
いろいろ、考えちゃう。
非日常の世界で考えて、もたらさせる思考によって、私の日常が塗り替えられていく。

広い視野で。
柔らかな発想で。

未来を、世界を良く出来たら良いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

懺悔。

石井ゆかりさんの占いが好きで。
twitterでフォローしている。
もともと、河内さんとミッチー先輩(あ、ベーシストコンビだ、奇遇やな。しかもどっちも芸工大出身でフレクトリックドラムス持ってる。あれっ、この2人、ぜひとも対談して欲しい)がフォローしてて、RTでTLに流れてくるので知ったんですけど。
瞬く間に気に入って、自分の星座の本も買ってしまった。

乙女座の本。

当たってると言うか、なんと言うか。
そういう事、あるある、って納得するような。
それでいて、新しい発見というか、なるほどそれでそうなのね、と思うというか。
不思議な感覚。

その中に、乙女座は精神的な不調がからだに出やすい、とありました。

なるほど。
そう考えてみれば。
運動会が嫌だと思ったら鼻血が出るし。
会社主催の飲み会が嫌だと思ったら風邪ひくし。
学校つまらない、と思ったら足がすくんで電車乗れなくなった。

で。
此処1年くらい。
自分の中の矛盾と、ずっと葛藤してて。
分裂しそうだった。
そうしたら、此処半月くらいかなー、原因不明の発疹が出たり、腕や足がかゆくなったりするのね。
ははは。限界?
楽しい事して、考え事が体内から消えてしまうと治まるんだけど。
会社に居てね、PCとにらめっこしてるだけだとさ、ふと、やってくるのね。
あーでもない、こーでもない、ってのが。
で、じわじわ痒くなる。

もう、解放されたい。
このまま、自分の中に抱えてるだけだったら。
いつか何かおかしくなってしまうので。
此処に書いて、ひとまず体内の考え事の濃度を薄めます。
許されるとは、思ってない。
でも、全部真実。

遠距離恋愛をしている、お友達がいる。
多分、彼女は読んでくれてるんじゃないかな、と思う。
そう、貴女ですよ。

彼女がその恋人と付き合うきっかけというか、一歩踏み出すきっかけになったのは、私の何気ない言葉らしくて。
それは非常に嬉しい事で、微笑ましい内容だったので、大好きなエピソードなのですが。
遠距離になる時も、私はメッセージを送りました。
壊れると決まってるわけではないし、思い合う2人だったら、決断を早まるべきではないよ、長く続いて、その結果ゴールインしたカップルも、何組か、ちゃんと知ってるしね、とか、そういう内容だったと思う。

その言葉に嘘は無い。
心からそう思ったし。
続くと思った。
この2人なら。
今でも、続いてて、会える時間は少ないけれど、ちゃんと思い合ってる事が垣間見えるブログや呟きは、本当に微笑ましくて、大好き。
だから応援してる。
距離は難しいけれど、越えられる問題だと思ってる。

嘘じゃない。
本当に、心からそう思ってます。
そして、続いて欲しいと思ってる。

でも。
私は、高校生の時に。
このままいけば、好きになれるんじゃないかな、と思う人を。
突き放しました。
其の後、距離が出来る事を知っていたから。
距離の先に、彼の夢がある事を知っていたから。
そして私は、それを追いかける事なんて出来ないと思ったから。

そして去年も。
また、違う人を。
思い返してみれば、色んな事を支えてくれた人だったのに。
距離は越えられないので、と。
それだけの理由で突き放しました。

私自身が、ふらーっと1人で気の赴くままに何処にでも行ってしまう人間なので。
離れてても平気だと思われるのでしょうか。
自分の時間を大切にする人や、仕事人間に好かれる事が多い。

けど。

本音を言えば。

目が合ってないと不安だし。
ふわーっと思考が身体から乖離しそうになった時には、目の前で手を叩いて欲しい。
そして、言葉は唇から耳に直接入ってきて欲しいのだ。

そんな譲れない部分があるのに。
矛盾しててごめんなさい。

遠距離になる人たちに、大丈夫だよ、ずっとそのままってわけじゃないよ、なんて言うのに。
それは嘘じゃないのに。
心から、うまくいって欲しいって願っての言葉なのに。

自分自身の事になれば、寄り添える日が想像できないから無理です、っていう。

何だか、もう、色んな人に酷い事言ってる。
どれも本音なのに。
嘘じゃないのに。
私が放った言葉が。考えが。
其れ同士で矛盾してぶつかり合ってる。
けんかしてる。

泣きたいのは、そういう距離を頑張ってる人の筈なのに。

私が、訳が分からなくなって、泣いたりしてごめんなさい。

恋する資格なんて無いんだと思う、私。

でもね、うわべだけなんかじゃないから。
本当に、うまくいって欲しいと思ってるから。
私には無理な事だけど。
だからすごいなと思って尊敬もしてるんだけど。

そういう矛盾で、苦しい。
許されると思ってないけど。
嫌われても仕方ないけど。

でも、大事にしたいって事、全部本当に思っている事、というのが。
わがままでも、伝われば良いな。

ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

旅に出る?

5月21日に休みたい希望を、会社で口にしてみた。
上司の許可は取れた。
あとは。
何だか面倒な当番の問題。
その日私は、一番あれこれとあって、変わってもらうのが厄介な台所の当番に割り振られていて。
私は、誰かから変わってと言われたら良いですよ、とさらりと引き受けるんだけど。
厄介なのは其の後で。
じゃ、この日と交換しようか、でもこっちはどうするかな・・・みたいな、どうにか頑張って均等にしようとする修正作業。
別に、同じ回数でなくても良いんだけど。
誰が何をやったって良いんだけど。
誰だって色んな都合あるし、その日無理だから他の誰かが、って、本当は罪悪感の無いような事なんだけど。

私が深く考え過ぎなだけなんだろうけど。

【追記】
撤回します。
すごく快く、良いよって言ってもらえた。
私が、人を信じれなさすぎただけ。反省。


どこに行くのか、正直、まだ決めきれてない。
最初は鹿児島だと思っていた。
一番最初に見つけた金環日食観測イベントが鹿児島だったから。
でも、ホテル宿泊プランで安価なのを探していくと、宮崎が良いみたいで。
砂浜で見れるみたいなの。
丁度、砂浜を裸足で散歩したいと思ってたから。
前の日の昼間も、当日も、ずっと海でぼんやり過ごしても良いかも、と思っている。
観光には、もともと興味が無いので。
勿体無いって言われるかもしれないけど。

鹿児島は新幹線だろうけど、宮崎なら高速バスが便利に利用できそうで。
そこも魅力的。

天気によっては、東京も視野に入れている。
飛行機だけ予約して。
ちょっと申し訳ないけど、友人宅に上がり込む。
金環食は朝なので。
友人の出勤と一緒に家を出て、何処か上空の開けた所に行く。
空港近くのドリカムファンの家か、新婚さん(1年経ったら、もう新婚じゃないんだっけ?)の家に行きたいなー・・・。

私が、車を運転できるなら。
断然、宮崎だったんだけどね。
でも高速道路はもう嫌だ。
教習だけでこりごりです。

独りで行くつもりだったけれど。
ホテル付きプランは、2名からばかり。
大切な人と一緒に見ましょう、って企画になってるから。
ああ、ですよねー・・・なんて思って苦笑する。

何人か、友人に声かけたけど。
仕事休めなかったり。
休職中の子も、手当をもらう為の役所手続きに追われてて無理だって話で。

私みたいに、10年以上も待ち続けたこの日この瞬間、なんて気合い入ってる人間も、そんなに居ないんだな・・・と寂しくなる。

これを逃したら。
日本では、2030年に北海道でしか見れないよ、金環食。

ましてや。
2012年の金環食、は。
これ1回しか無いのに。

私だけか、こんなに楽しみにしてるのは。

10年以上前、まだまだ子供の私は。
誰かと、きゃっきゃ言いながら、金環食を見るものだと思っていた。
1人が物足りないな、と思えたら。
また、心が動きだしたりするのかな、なんて思いながら。
どんな旅にするのか。
あれやこれや、ネットサーフィンの日々。

私、本当に行くのかな、どうするんだろ(笑)
無理だった、なんてやめてる気がするな・・・。

口では偉そうな事ばかりで。
結局何も出来なくて。
自己嫌悪で終わっちゃうのかな、なんて。
軽く気分が沈みがちなのは、降り続く雨の所為。
きっと、雨の所為。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

脳内整理。

最近、自分の中の知りたい欲求、学びたい欲求が低下していて、なおかつ自分の中にある物で満足してる感がある。
と、思って。
mac miniを買った時に、付帯して買ったone to oneというワークショップを開始する事にした。
期間は1年。
1年の間に、どれだけ受講しても構わないし、好きな事だけ選んで学べる。
全ては自分次第。

自分のでもを、もう少しかっこよく作れたら良いな、と思って。
GarageBandという作曲ツールを勉強してる。
説明書や参考書が苦手な私は、自分で学ぼうとすると最初の10ページを飛ばしたり、流し読みしたりしてしまうのだけれど。
人に、ましてや知らない人に教えてもらうのだから、ちゃんと真剣に話を聞くので、やっぱり、教えてもらうっていうのは大事な事。

早く、打ち込みみたいな事も出来るようになってみたいな。
楽しい。

そして、ツタヤで時間をつぶして、次の待ち合わせへ。
ギターの先生と待ち合わせて、ライヴハウスを見に行った。
ギターの発表会で使うハコ。
何処が良いかな、って相談されてて。
いくつか挙げたんだけど、ドラムレジェンドが1番条件に合いそうだったので、決まりそうで。
レジェンドの下見に行ってきた。

随分前、まだ名前がフェスタだった頃にアカペラバンドのマーブルで立った事のあるステージ。
あとは、猪口くんのライヴも見に行ったっけな。

そういう、かすかな繋がりというか、足を運んだ記憶が、こうやって役立つのはすごく嬉しい。

そして、イベントを作るお手伝いはワクワクする。
生徒会役員やってた頃の血が騒ぐ。
学校行事は全部、私たちの物だった。
表向きがカッチリしていれば、過程はどれだけ楽しんでも良かった。
大変そう、面倒くさそうという目で他の生徒から見られてたけど、そんな事は無くて、先生たちから1番甘い蜜吸わせてもらってたのは私たちだと思ってる。

そういうの思い出して、ワクワクした。

で、帰りにコーヒーご馳走してもらった。
うわーい。
ほらね、甘い蜜吸わせてもらってるでしょ(笑)

え? ギター? ん? 発表会の曲?
・・・・・・が、頑張りますよ?(←こら。

歌う人が居た方が盛り上がるかな、なんて事も言われて。
オリジナルは、やらないの?・・・って訊かれて。
そういう期待には応えたいタイプの人間なので。
緊張が2倍になっても。
なんだかこの提案は、受け入れてしまいそうだなぁ、私・・・。

あと、弾き語りのライヴ企画して、って言われた。
えええええええええ。
困ります。(←え。

オファーがあれば・・・うん・・・やりますけども。
基本、弾き語りはオファー無いとやらないスタンスなので。
私が自らブッキングに行くのは春雨LALAだけなのだよね。

教室に通ってると、自分の時間の前後に生徒さんいらっしゃるし、入れ替わりの間の何分かしか雑談なんてしないし。
あとはtwitterやmixiでのちょっとした交流だけなので。
こんなに向き合って先生とお話しするの初めてだったので。
ギター弾き始めた頃の話とか、ライヴでの失敗談みたいなのもいろいろ聞けて楽しかったです。


そうそう。
話は全く変わりますけど。
アップルのワークショップの前に時間があったので、アナスイに行って。
ずっと気になってて、いつか買いたいと思ってた指輪が、こないだ消えてたのがショックだったので、勇気を出して聞いてみたら。
ショーケースに並べてないだけで、置いてますよ、って出して下さって。
しかも、はめさせてもらった。
すごく綺麗で。
私の手が大人に見えた。
ぴったりだった。
ドキドキした。

それを買って。
恋人が出来た、って嘘を吐いたら。
みんなどんな反応をするだろう。
喜んでくれるかな。
またひとつ嘘が増える。

出会う順番が違ったら、私と貴方がうまくいったのに、みたいな内容の歌を作った事がある。
でも。
それでうまくいく筈だったなら。
あとに出会ったって、こっちを向けられた筈で。
もっと言うなら。
私とあの人の方が先に出会っていたとしても。
後から出会った誰かがあの人を虜にして、あの人は私から去っていったのだと思う。

それでも自分に何かしらの魅力があるって信じたかったから。
あんな歌を作った。
歌が作れて良かったと思った。
歌ってる間は、気丈に、あの人を振り向かせられる私、を演じる事が出来るから。


んー内容がいろいろ飛んじゃった(笑)
夜中のテンションだ、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

ひたひた。

自分の意固地加減に嫌気がさしてきたり。
身勝手さに苛立ったり。

もう。
抜け出したいよ。

4月末に。
また、タロット占いをしてもらった。

何だかいろいろと疲れてしまったので。
もう、私、恋なんてするべきじゃないですよね、って聞きにいった。
そう思うのは今だけ、って言われた。
私の周りには、自然と、話を聞いてくれる人が寄ってくるのだそうです。
それは、私が話す事で脳内整理しようとする癖があるので。
誰彼構わず捕まえては、うわっと言葉をぶつけて、それを投げ返してくれる人が、居てくれるからだと思うけれど。

きっと、私、ずっとずっとそうなんだろうな。
思えば幼稚園児の頃から。
隣の男の子に相談をしていた。

話を聞いてくれる人、目を合わせてくれる人が好きなんだろうと思う。
恋に限らず、人として。好きなんだと思う。

そしてまた勘違いさせるね。
引きずり込んでしまうね。
しなくても良かった筈の寄り道を、させてしまうね。

誰にも話さなきゃ良かった。
つぶれるなら、たった1人でつぶれたら良かった。

先週見た「リーガル・ハイ」で。
バレンタインに渡したチョコレートが、ないがしろにされる場面があって。

私のマカロンは、焼き過ぎで固くて美味しくなかったよね、もしかしたら食べてないかもね、とか。
手紙なんて残してて奥さんに見つかったら大変、捨てちゃったんだろうな、とか。

考えがよぎるだけで、どれだけでも泣けて。

全然、過去にならない。

だから。

もう、誰も受け入れませんよ、ってしちゃったら良いんじゃないかと思って。
こないだ見た映画「KOTOKO」で。
琴子が言ってたこと。
「指輪は男よけ」って。

なるほど、と思った。

売約済み、じゃ無くて。
非売品、の意味にもなるのね。

もう誰も、私に騙されませんように。

タロットは。
すごく心がすっきりするけど。
全てその通り進んでいくとは思えなくて。
それは、私が肝心な事を話してないから生まれる相違なのだと思う。

誰かに思ってもらえるほど、綺麗な人間ではないので。

それでも、あの人を好きになったのは。
もう一度、ちゃんと綺麗になれるかもしれない、なんて夢を見てしまったから。

夢は、夢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

トイデジ★アルバム〜高千穂編〜

もう、このカテゴリも懐かしいね・・・。
撮ってますよ。
でもね、ブログに載せるのが面倒になってね・・・(笑)

はい、ちゃんとやります、心入れ直すんだぜ。
と、思って。
mixiにも、トイデジ愛をぶちまけてきました。
賛同者が多くて、何だか嬉しかったです。
実際に、トイデジもって外に行くと、何それ、的な視線をバッシバシ受けるんで。
一緒に居る人も呆れるんで。
なんでかなー。まぁ良いけどね、良いもんね、お一人様大好きだもの。

5月3日に、高校時代の生徒会薬院仲間と恒例の飲み会をして。
メキシコ料理屋さんで。
白ワイン飲んで、テキーラ3杯くらい飲んで。
ポッカポカした身体で長浜に流れて。
梅酒飲んでラーメン食べて帰ってきた。
・・・のが、夜中1時過ぎ?
で。
2時くらいに寝て。
5月4日、7時頃叩き起こされて、両親に拉致られる。
車でもうつらうつらしてたら、気がつくと熊本に居た。
くまもんグッズがうじゃうじゃでした。
あれよあれよと言う間に高千穂神社へ。

Img_0001


Img_0004

狛犬がね。
親が居て、子がつぶされてるような感じで(笑)
おんぶ? してた。
なんか意味あるんかな?
いじめてるようにしか見えなかったんですけど・・・(笑)


Img_0007_2

鯉がいる池もあったよ!
残念ながら、GWで餌を貰い過ぎみたいで。
小さい子が沢山あげようとしてたけど、見向きもしなかった。
あれなら、友泉亭の池の鯉のが食べるよ(笑)
あいつら、じゃぶじゃぶ言わせて喰うからな。


Img_0010


Img_0011

深みにはまりそうですな。
ボート客が大勢居た。


Img_0013

マイナスイオーン!!


Img_0015

Img_0017

新鮮な空気!
深呼吸、深呼吸!!
私の荒んだ心も一気に洗われるようでしたわ!!(←え。


Img_0019

秋になれば、これは全部色付くのかしら?
なんて、想いを馳せながら歩くのです。
勿論、青々とした葉の瑞々しさも素敵ですけれど。


Img_0022

本当に良い天気で、気持ちよかったのよ。


Img_0025

構図だとかピントだとか、難しい事は良く分からないけれど。
こういう、光と空が解け合ったみたいな色彩で撮れた時、すごく嬉しい。
トイデジ買って良かったな、って思う。
物凄く綺麗に撮れる、高画素数のデジカメじゃ、撮ろうと思わない1枚。

Img_0026

これはね、天岩戸神社。


Img_0027

濁流ー!!!
飲まれようかと思う一瞬を乗り越え、戻って参りました、ははは。


親に連れ回された旅でしたが。
すごく気持ちよかったし、のびのびしてたし、沢山歩けて適度に疲れて良かった。
トイデジと、沢山戯れられたしね。

ピクニック行きたいな。
お弁当持って、散歩できるような所へ。遠足みたいな。
大宰府に行った時の事、ふと思い出した。

お天気のいい日に。
トイデジとお弁当持って。
どこに行こうかな。

計画倒れしそうでも良いんです。
考えてる間は、幸せなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

ラッコラララララッコ。

月曜日。
昭和の日の振替休日。

天神に出掛けたつもりが、あれよあれよと言う間に水族館に行くことになって。
車でひとっとび、マリンワールドに行ってきた。

水族館って、なんであんなにテンションあがってしまうんだろうか。
丁度、夜の水族館も開催されている時期で。
昼から夜に変わる瞬間も見れた。
何だか、とてもタイミングが良かったなぁ、と思う。貴重な体験。

アシカとイルカのショーも見れたし。
(アシカの腹筋・胸筋すごい!! イルカの尾びれと背びれすごい!! トルネードしながら飛ぶってすごい!!)
ウミホタルの発光実験も見れた。
(光る生き物は好き。渾身の想いで光るんだろうなぁ、とか考える。ウミホタルはカラダから液体を出して、それ自体は光らないんだけど、海水と化学反応を起こして光るんだって。真っ暗な部屋の中、青い光がぼんやりで、本当に綺麗だった。)
大パノラマ水槽の秘密クイズにも参加したし。
アザラシが同じ泳ぎを何度も何度も繰り返すのを、飽きないんだねぇ、って感心しながらこっちも飽きもせずにずーっと目で追いかけてた。
スイミーみたいに集団で固まって暮らす小さなお魚さんや。
ニョロニョロみたいな格好のウツボ。
深海にすむエビや。
何かモヤモヤ吹き出してるヒトデ。
優雅でスケスケのクラゲ。
毒を持っているイソギンチャク。
でも、それと上手く共生してるクマノミ。
海の妖精さん、クリオネ。
ずーっと毛繕いしてるラッコ。
テッポウウオ! ウミガメ! ナマコ! ウミウシ! ハコフグ!
あと、熱帯魚みたいなの、たーくさん。
普段食べてるようなお魚さんも、たーくさん(笑)

マリンワールドは、本当に久しぶり。
だから、リニューアルされてからは、本当に初めて。
「かいじゅうアイランド」っていう、アシカプールやアザラシプールに物凄く近付いて見れる施設が出来上がってて。
泳ぐ姿をずーっと見てた。
滑らかに泳ぐの。すぅー、って。

途中で、カドカワ嬢に教えてもらった中谷美紀さんの「水族館の夜」って歌を思い出した。
綺麗な歌だよね。

計画性も何もない事が。
こんなに楽しいって、すごいな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »