« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

だいじなことば。

感情の変化がめまぐるしくて。
自分の身体の事をすっかり忘れていた。

だから多分、PMSでした。
すみません。大丈夫です。

そして、脈絡無いこと書いてますよね、前回の記事は。
まとまりがないというか。

半分寝ながら書いてました。
最後の方、覚えてない。

不安定なのは。
もうすぐ、1年を半分に折り返す日、が来るからでしょう。
後半の始まりという、何ともパッキリとした、あの人らしい日が来るからでしょう。

今年は、もう。
いや、今年からは、もう。
その日にケーキは食べない事にします。
そういう事から、始めたら良いんだと思います。

便宜上。
というか、分かりやすくと言うか、口馴染みを良くする為、と言いますか。
5時起きデイズ、と宣言しておりますが。
正しくは、今回は5時半起きデイズです。
30分多く眠れます。
素晴らしいです。

アルフェネオが効いてくれてる、と思って油断してたら、終業間際に、どっと血の気が引いてしまって。
あああ、無理はいけないな、と思いました。

シカオさんのUSTが、私に元気をくれました。
ありがとう、シカオ。
声が出てなかったり、若干不安定な歌唱もあったけど。
ライヴは生き物だし。
シカオさんが伝えたい事は充分伝わったし。
完全無欠なだけがミュージシャンじゃないと思ってる。

あの、会場の盛り上がりっぷり見てたら、細かい事はどうでも良いね。

10月末に、またツアーで福岡に来るそうです。
10月って・・・繁忙期だなー(涙)
でも、行きたいな。
早退して行こうかな。
いいよね。
ちょっとくらいね。
他で頑張るもんね。
いいよね?

帰宅途中。
歩きながら、ふと。
「黄金の月」の1フレーズが頭に浮かんだ。

『大事な言葉を 何度も言おうとして
すいこむ息は 胸の途中で使えた』

電話は本当は苦手で。
表情が見えないと。
何をどういうタイミングで話しだしていいか分からなくなったり。
目の前に居てくれれば、沈黙も苦しくないのに。
電話だと、何か喋らなきゃ、と思って、ぐるんぐるんに焦ってしまう。

良く、長電話をするので、電話好きだと思われがちなのだけど。
何処で切っていいのか分からなかったり。
(だからいつも唐突に「おやすみなさい」と言ってしまう)
話すべき事を、何処で切り出していいのかが分からなくなったり。
(だから結局、話したい事は言えないまま時間だけが過ぎて、大丈夫だと言ってしまったりする)

話す事は好き。
大好き。
手段が電話しかないから、電話で話していただけの事だ。
でも、それが一番好きかと言われると、全然違う。

電話をすれば良いじゃない、と。
今よりもっと、電話で話せば良いじゃない、と言われた時に。

ああ、それ、呼吸困難で死ぬかも、と思った。

思ったことを言えたら良かったのに。

すいこむ息が、途中で、つかえた、ので。

そういうことなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

センチメンタリズム。

火曜日から。
5時起きデイズに突入しています。
今度の月曜まで。

1日目が、おはガールで。(←ぞろぞろやってくるお客さんに対して、来場記念品を手渡しつつ、貼り付いた微笑みで、おはようございますとひたすら言い続ける仕事。)
今日はメイドさんだった。(←本部で、来賓のお客様に珈琲やお茶を出すお仕事。いつ誰が来ても良いように、ひたすら待機。

5時起きデイズ終了後は、風邪をひくという、いやーなお決まりコースがあるので。
今年は回避したいです。

でも、もう、何だか弱ってるよ。
半分も終わってないのに・・・ううう。
心理面から来ている。絶対。

昨日の泣き方はまた尋常じゃなかったので、すぐに布団に潜り込んで眠ってしまいましたが。
目覚めたら、本当にひどい顔で。
まぶたは腫れ上がってるし。
溜息吐くしか出来ませんでした。

自分の中の矛盾に立ち向かう勇気がなくて、混乱して。
そしてやっぱり寂しくて。

美容師さんに。
想いを伝える手紙を手渡してきた後。
思いっきり泣いた。
伝わらないから、ではない。
届かないから、ではない。
叶わないから、でもない。

寂しかったから。
今までの関係で良かった筈なのに、どうしてわざわざ、相手が困ってしまうような事をしたのだろう、と思ったから。

私は、変化に弱い。とても、弱い。

でも、実際は変わらなかった。
彼が大人だからかもしれないけど。
飄々と接してくれた。
ありがとう、と思った。

そして今度は私。
彼への想いが、平坦になろうとしている。
それが、寂しい。それが、苦しい。

想っていれば。
独りで居ても良かった。
独りで居る事に理由が出来た。

けれど。
私の心の中を占領してたあの人の部分が、どんどん空洞になって。
ぽっかりと黒い穴になって、いつかまた、寂しい事に誰かを巻き込んでしまうかもしれない。
もう駄目だ、こんな事は。

夢を見るか見ないかの部分で、随分苦しかったのは覚えているので。
あまり眠れてなかったのかもしれない。

久しぶりに、展示会中に貧血で倒れそうになって。
それこそ、入社してまだ2年目くらいの頃に、倒れそうになったのを、近くで見てた人が見つけて、側で支えてくれたのを思い出した。
今回は、誰も居ない部屋で。
珈琲カップを洗ってた時で。
カツン、とカップがシンクに落ちる音で我に返って。
咄嗟に、シンクのふちを掴んだ。

今日は、アルフェネオ飲んで寝る。

博多港の近くで、今、仕事をしているので。(←イベント会場。
ベイサイドにあるビッグアンブレラってお店に行きたいのだけれど。
会社の人は誰も乗り気ではなく。
みんな、アリスになんてなりたくないのね・・・と。
しょぼんとした。

日曜日だったら。
プレ最終日だし。
そういう所で癒されて、最終日に備えるって、凄く良いかと思ったんだけどな・・・。
日曜なら、直帰しても怒られないよね、きっと。
名案だと思ったのに・・・。

でも。
会社の人に。
「髪、短い方が似合う」って言われたのはすごく嬉しかった。
癒しになった。

大丈夫。平気。大丈夫だよ。
もう泣かないよ、泣かない。

寂しくなんかない。
乗り越えても、歌えるから、ちゃんと大丈夫だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

イラスト集のおまけなんかでも良いから、収録されて欲しいなぁ、あの2話!

終業後。
博多阪急までバスでひとっとび。

羽海野チカの原画展、リピートしてきた。

コミックスに収録されなかった短編を、原稿そのまま展示してるのですが。
会期の前半と後半で、1話ずつ、違うものが展示されてて。
2話とも見ようと思ったら2回行かなきゃいけないという!! なんじゃそりゃ!!

でもさー。
まんまと、のせられて行ってきましたよー。
だって、とても良かったっていうんですもの。
あゆちゃんと、野宮さんの話だっていうんですもの。

で。
あまりに素敵すぎて。

展覧会、なのに。

人目がある、のに。

読んでる人、後ろにずらーっと続いているのに。

・・・うっかり泣いたよね。
恥ずかしいよね・・・・・・。

もう・・・穴掘って逃げたかったよ・・・。

いやっ、号泣はしてないよ?
知らないうちに2〜3粒こぼれてたくらいよ?
「やっばい、展覧会って事を忘れとった!!」と我に返って、そそくさと次のコーナーに逃げたくらいよ?

この前は、書かなかった、先生へのメッセージを、つらつらと書いてきました。
心を揺さぶられた、という事を。
素直に。

そして、3月のライオンのコーナーは。
やっぱり、ももちゃんが描いてあるイラストを見ると、どれでもほっこりしちゃいますね。
ももちゃん大好き。

グッズコーナーで、この前は3月のライオングッズしか買ってなかったので、ハチクロのポストカードを買いました。
花本先生と、真山と野宮さんが将棋指してるイラスト。
なんて、カオリが得するメンバーなのかしら・・・!!

行って良かった。
見れて、良かった。
これ、見ると見ないじゃ、全然違ったと思う。

あまりに揺さぶられた心が、どうも落ち着かないので。
この前ネットで見つけて、行ってみたいと思ったフルーツジュースとジェラートのお店に行く。
阪急の地下。
すももスムージーを飲みました。
さっぱりしたすももの甘みが、きーんと冷えてて美味しかった。
やっぱり、生ジュースは良いですね。
普段、ジュースはあまり飲まないのですが、生ジュースはね、疲れた時に飲みたくなっちゃうね。
果物が欲しい時。

いつもの、帰りたくない病が発動して。
バス停の向かいにあるブックオフに入ってしまった。
ハチクロを、ぱらぱら読み。

そしてまたうっかり泣きそうになって、今日はもう駄目だ、帰ろう、と思った。

寂しくて泣いてるのか。
嬉しくて泣いてるのか。
よく分からなくて混乱。

自分が不思議。

だけど。
行って良かった。
うん。
それだけが、真実。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

ナチュラル。

日曜日。どしゃぶりでしたな、はっはっは。

(休みにしては)早起きして。
美容室に行ってきた。
のびのびになった髪を、シャキッとしてもらうべく。

開口一番「縮毛かと思った!」と言われる。
「私も、そうしようかな、と思ってたんですけど、いざ梅雨入りしてみたら、あんまり気になる感じでもなくて。自然だから、此れは此れでいっか、って(笑)」って言ったら。
「うん。今日くらいの降り方でこの感じなら、全然問題ないね」と。

昔、ストレートだった頃に、良くしてもらってた、前下がりのボブで、それをくせ毛アレンジでおかしくない感じ、という説明をしたら。
「ああ、大丈夫、大丈夫、出来るよ。長さ変えても良いってことだね。」って言われた。
そうそう、と頷いた。

ああ、こういう所、と思う。

あの人と出会う前は。
どんな美容室に行っても、誰とも合わなくて。
言いたい事が、してもらいたい事が伝わらない、と思ってて、それが普通なんだと思ってた。
けど。
あの人は。
それまで私がどんなに説明しても「?」だったり、無難な感じに切られて終わったりした事を。
簡単に、理解してくれて。
いつだって、思い通りになった。
もしくは、思い通り以上に、私の好み。
がっかりした事は、一度もなかった。

いつだって不思議に思われたり、扱いにくく思われたりする部分を、全く感じさせなかった。

そんな魔法が使える人もいるのね、と思ったら、好きになっていた。
その手に触れられれば、なんだって分かってしまうんじゃないかしら、と思ってドキドキした。
ドキドキしてる事も勘付かれてると思ったら、更にドキドキした。

そう、ドキドキしていた。のが。

普通になってしまっていた。
人間として、美容師として。
お気に入りです、好きなんです、というのは、ずっと変えられないと思う。
けど。
その手に触れられて、心が震える事は、もう無さそうだ、と気付いた。

ふと。
ハチクロの。
あゆちゃんの「真山を好きで、ずっと泣いていたかった」っていうモノローグを思い出した。

出来上がったスタイルは。
本当に大好き。
元気に夏を迎えられそう。
その前に、梅雨にも打ち勝てそう。

美容室を出て。
どしゃ降りの中を、天神までてくてく歩く。

FMSで、配信準備中のコータローさんを横目に、軽い食事。
そして、番組の邪魔までしたのですが、アーカイブに残し損ねたそうで、非常に残念。
青猫の宣伝までしておいたのによ・・・。

そして、IMSに移動。
三菱地所アルティアムで開催中の、松尾高弘さんの個展を見に行く為。
昨年、博多ライトアップウォークで見たWhite Rainの感動を、もう一度味わう為。

光を使った、体験型のアート作品の展示。
もう、美しくて。

twitterで、フォロワーさんから教えて頂いたので、せっかくですから、松尾さんご本人の解説が聞けるギャラリートークの時間に合わせて出掛けてきました。
技術的な事は、全く分からなかった。
こんなソフトウェアが、とか。
此処でこうやってこのセンサーが・・・とか。
熱心にメモを撮りながら聴いている学生っぽい子たちも居たり。

でも、私が聞き入ったのは。
作品を作ったきっかけ、とか。
表現したかったのはこういう事、とか。
そんな事を、興味深く聞いた。

聞いてる人、結構な人数がいた。
ので。
アルティアムのチケットは、再入場可ですから。
いったん出る事にした。

そして、1時間後くらいに、もう一度入って、ゆっくり見た。
聞いた説明を、反芻するように。

光の雨粒が。
自分の動きにあわせて、ついてくるように降り注ぐ、通路のアートが一番好きで。
私以外誰も居なかったのを良いことに。
軽く踊ってしまいました(笑)

会場は、通り抜けになってなくて、奥まで行ったら自分で入り口前まで戻ってくるタイプ、
だから、最後に、一番最初の展示で、人口の花に微風が当たって光の強弱を付けるという作品の前で。
ずーっと、花を揺らしてた。
ふーっと、吹いて。
光が変わるのを見てた。

不意に泣きそうになって。
だめだだめだ、帰る、って思って。

帰ってきて。

あれよこれよ、とやっているうちに。
面白い事が起こって。
泣いている場合ではなくなった。

何だか楽しくて仕方がなくなったから。
明日、きっちり仕事を終わらせたら、博多阪急に行く。
そして、羽海野チカ展の2回目を見てくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

日曜日、晴れますように。

日曜日の午前中は、美容室に行く事にした。
早起きしなきゃー。

今度の日曜が、繁忙期最後の休み。
エネルギーチャージしないと。
次の休みは7月6日。
恐ろしくて、連続勤務の日数を、数えたくもありません。

いつもなら。
この、梅雨時期は。
縮毛矯正をかけるのですが。
何だか今年は、必要なさそうなので。
雨が降ってもねー、そんなに悪い事にはならないのだよね。
髪質変わったかな?
メリットのシャンプーブラシを使うようになって、もう長いけど。
髪がね、しなやかになった気がする。
朝、サラサラなんだー。
気のせいなのかな?
でも、本当に縮毛は要らなさそうな感じ。
だから、日曜はカットだけ。
去年みたいなパーマにも興味あるから。
次はパーマにするって言おう。
その研究も兼ねて来た、って言おう。

あとはね。
金環食を見に行った話とね。
メンバーが1人減っちゃった話とね。
それでも続けていってくれようとする素敵なメンバーたちの話とね。
んーと。えーっと。
子供の事とか、話して欲しいなぁ。

短大生になった頃。
私は全然メイクをしなかった。
必要じゃなかったから。
面倒だったから。

でも、あの人に会って、変わった。
可愛くなりたいと思った。
もっとお洒落したいと思った。
そして。
可愛くしたいと思ってもらえるような可愛さを手に入れたいと思っていた。

化粧も上手くなったし。
お洒落はまぁまぁ、大丈夫と思う。

あの人に会えたから。
今の私があると思う。
想いに身を焦がしたから。
歌も沢山生まれたんだと思う。
色んな事を教えてくれた人。
色んな事に気付かせてくれた人。

彼に、何の意識も無くとも。

憧れなんじゃないか、って言われればそんな気もするし。
それでも、あの人がいない7年は考えられない。
あの人じゃない人に可愛くしてもらう私なんて想像出来ない。

でも、引きずってるんじゃなくて。
尊敬していて。
狂おしい程の恋心は次第に落ち着いて。
とても、大切な人。

どうにかなりたいわけじゃない。
だけどなくしたくはない。

会いたくて仕方なくなって、ひとしきり泣いて、翌日に電話かけて予約して。
どんなふうに切ろうか、って考えてたのが、やっと終わった。

後ろの方の髪が、もさっとして、まとまりにくくなった。
切らなきゃ、と思ったから電話した。

いつも、楽しいと言ってくれる私の話を。
今度は、どんな事を準備して行こうかな、なんて考えた。

順番が、全く逆だった。

私の中で。
確実に、何かが変わろうとしてるんだって思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

私がもっと優しくて思いやりがあって、柔軟な考えを持てる人間だったら良かったのかもね。

ハチクロを読んでた時の感想群を、探し出す事が出来た。
2009年の2月でした。
ぐだぐだと、まとまりなく、何日かにわたって、読みながら書いてて読みにくいのですが。
気になるっていう奇特な方がいらっしゃったら、どうぞ。

覚えてる事、キュンとした場面、今覚えてる部分は、ほとんど記述されてた。
同じなんだな、ずっと。

読み返したら、変わるのかな。
買おうかなぁ(苦笑)

今でも、ハッとする程覚えてるセリフがある。
細かいニュアンスは間違ってるかもしれないけど。
野宮さんのセリフで。
「真山を引きずられるのはツライ」っていう、あゆちゃんに向けられたもの。
ま、世の中の男性の一般的な意見は此れですよね。
でも、其れについて私が言及してるのが、おかしくて。
「大切にしてくれる人の手を話さないで温め合えるのなら、ちょっとくらい昔の恋にキュンとしても良いんだよ」だとさ。
なんて自分擁護な!!(笑)

で。
ありがたい事に、と言うか。
でも大変申し訳ないと言うか。

私の人生の、そこかしこには。
野宮さんみたいな人が、ちょろりちょろりと現れる。
素敵で優しくて、大切にしてくれる人で。

でも私が大切に出来ない。
という。
トラウマ・・・。

引きずるんじゃない。
抱えてるんだ。
優しく、大切な思い出として。

でも、嫌だよね。
普通、一般的な男性の意見としては嫌ですよね、そういうの。

私は。
好きになった人の過去の恋愛も、可能ならば教えてもらいたいと思っていて。
それは、嫉妬するとか、敵意を持つとかそういう意味ではなく。
ただ、単純に。
どんなふうに、恋を温めて、大切にして、思い出を作ってきたのか、が気になるのだ。
多分、どんな素敵な小説より、漫画より、優しい物語だと思うんだ。
脚色されてても良い。
隣にいて、私を見ていてくれる人の言葉で語られるのならば。
極上の恋愛小説だと思う。

人間、長く生きれば生きる程。
過去がどんどん増えていく。
楽しい事だけじゃないし、思い出したくないような事もあるかもしれない。
でも、話してくれようとする瞬間が、大好きなのだ。
そんな時間を、少しずつ積み上げていけば。
きっとすべてが思い出になるんだと思う。

今を愛せるという事は。
今を作っている過去も愛せるという事。
あなたが見て、出会って、体験してきた事の全てを。
心の底から愛せるよ。
知らないくせに、なんて言わないで。

・・・なんて。
五行詩を書いたのは高校生の頃だったと思う。
私の根幹は、10年以上前から揺るがない。

でもやっぱり、普通の人は。
昔好きだった人になんて逢いに行って欲しくないと思うんだろうし。
髪なんて触られてきて欲しくないと思って当然なんだろうし。
その日交わした言葉を嬉しそうに報告されても、何も楽しくないんだろうね。

自分の中で幸せだった出来事を内緒に出来ない私が悪い。
けど。

生き方は、変えられないので。
ふわふわと。
その時々で、優しい人に甘えて生きていくのでしょうね、私。

そうそう。
自分探しの自転車旅から戻ってきた竹本くんに、椿屋四重奏の「不時着」をプレゼントしたい、と書いていた。
ナイス選曲だと思った。
なかなかやるな、私。(笑)


日曜日は。
フォロワーさんにおすすめされた三菱地所アルティアムで開催中の展示を見に行こうかと思ってて。
作品と作られた方の解説もお伺い出来るそうな。
そんな機会はなかなか無いと思うので。
其れに合わせて出掛けようかな、と思ってます。

2回目の羽海野チカ展は・・・行きたいけど、私の気力が持つかな・・・。
作品読みたいけど・・・うう・・・。
独りだと、ほんとフットワーク重いわー・・・。

天気が良かったら。
頑張って、行ってみて、おすすめされた博多駅の屋上からの夜景を見るのも良いかな、と思ってます。
久しぶりに、トイデジ持って行きたいな。

ま、でも、三菱地所で満足して、今日は此れで良いや、幸せになりすぎたら危ない!・・・なんて思うオチで終わりそうですがね。

【私信のような。】
シギサワカヤさんの「誰にも言えない」を読みました。
相変わらず凄い内容やの!(笑)
でも、美苗ちゃんの恋人は好きです。
ああいう人、良いですね、自分の価値観がブレないというか。
いささか変わった会話のリズムも。
好きだなぁ、心地良いなぁと思って。
久々に、漫画のキャラクターに完全に惚れてしまった感じです、はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

此処2〜3日の事。

日曜日。
父の日だったので、欲しいビール言ってみろや、と言ったら。
キリンの黒ビールのナンタラカンタラ・・・とか、鬱陶しい事言われたので。
父の日終了のお知らせです、おつかれさまでした、と申し上げたのですが。
ショボンヌしてて可哀想だったので。
今日は此れから薬院経由で博多に出て行くつもりなので、高宮まで車で乗せてってくれたら、途中の酒屋で買ってやるから好きなもん選びやがれ、と言ったら、その話のった、と言われた。
なんか、選んでました。
6巻パックが売ってなくて、店員さんに尋ねたら、1本売りしかしてないですよ、と言われるような難儀なビールを。
なんだそれ。
わけわからん。
ビール飲まんので。
まぁ、喜んでたし、良かったです。
更に、高宮で良いと言ったのに、ご機嫌だったのか、薬院まで行くのも時間変わらんと言われ。
サントラまで乗せてってもらえた。
なんてラッキーなんだろ、私。
父の日最高!!(←なんか違う気が。

カオリ、母親は文句なしに好きなんだけど、父親は、なんと言うか、敵と言うかライバルと言うか、勝たん時がすまん相手だったりするので、こんな感じになりますが、結局甘やかされるです。
うぁ。
好みが合わなかったり、極端だったり、意見の相違が多々ありますが、基本的には好きなんで、母親の話しか出てこなくても、父親と不仲というわけではありません。
でも、俗にいう、女の子は父親に似た人を好きになるってやつは、当てはまらないと思います。
あれは、嘘だろ、間違いだろ。
まぁ、私も、仲村トオルがお父さんやったら、お父さんみたいな人と結婚する!て言うかもしれんけどな。

サントラに、ギター預けて、100円バスで博多駅にゴー。
目的は、羽海野チカ原画展。

まず、入り口に座らされてる、おなじみのウミノクマの着ぐるみさんが・・・微笑ましくて。
写真撮りたくて撮りたくて撮りたい気持ちをぐっとこらえましたよ。
ええ、当然ですけど、撮影禁止でしたから。ははは。

ほーんと、素敵な展示でしたよ。
ハチクロから3月のライオンまで、たーくさん。
東のエデンも。(←見てないから分からんのやけれども。でも、一緒に行ったミッチー先輩が「ハチクロの森田さんっぽい」て言うので、ちょっと気になってきた。森田さん好き。

カラー原画は、印刷されると、すべすべになっちゃうからなのかな、色が濃くなるというか、いつも私たちの手元に届くものは、はっきりとした、テカテカのものだけど、
展示されてる原画はね、本当に淡い、優しい色彩。
ふわっとして、色が丸みを帯びている。
見てると、気持ちが優しくなる。
ずっと前に読んだ話が、胸の奥をくすぐって、じんわりと震える。

ハチクロのコーナーは。
キャラクターをクローズアップした展示が設けられていて。
竹本くんが自分探しの旅に出た時に載ってた自転車を再現したものや。
下宿に溜まってた空き缶とか。
森田さんのお金とか(笑)
クスッと笑わされたり、思い出して懐かしくなったり、憎い演出でした。
ああいうの、とっても素敵。

コミックス未収録の短編が、生原稿で展示されてたり。
(もう、その内容が、またキュンとするんだな、此れが! てか、未収録が2種類あって、展示期間の前期と後期で、1話ずつ別々に見せるって、ずるいよね! 2回行かなきゃいけないじゃん!! ええーっ、ええーっ。)
羽海野先生が作った“プックン“が展示されてたり。(←分かる人だけ分かったら良いや・笑)

3月のライオンのコーナーでは、将棋のルール説明の為に二階堂くんが作った、猫イラストの将棋の駒が立体展示されてて、萌え要素たっぷり!
ふくふくだるまの再現模型とか。
羽海野先生が背景を描く為に取材した写真、それを元にして描いた背景が並べて展示されてたり。
(その再現率っていったら、もう、感動なの! その辺りに住んでる人が読んでたら、此れってあそこだ、此れはあの川だよね、とか、分かるんじゃないかしらレベル!!)

あとはね、ネタ帳というか。
イラストのアイディアを書き溜めたノートの公開と。
お話を考えて、大まかなあらすじから、少しずつ組み立てられて、作品として仕上がるまでの過程が展示されてるのには、ただただ驚かされるばかりで。
こんなに描いてるの!!!?・・・なんて思いました。
(その過程を、「ざらざらした内容をすべすべにしていく感じ」と表現されてたのが印象的でした。)

グッズコーナーも充実してて。
どれ買おうか迷っちゃうよね!!
決めきれなくて、うみゃうみゃしてしまいました。
そして選んだのは、A4ファイルとポストカードを1種類ずつ。
帰宅して気がついてみれば、どっちも3月のライオンだったので、片方はハチクロにすれば良かった・・・あぅあ。
そして。
何処に飾るか困るから、という理由でグッとこらえたリスポッケ先生のぬいぐるみ。
・・・今頃になって・・・いや・・・後悔・・・しない・・・もん・・・。
ミッチー先輩がニャーを購入されていた。
車にさげようかな、なんて言われてて、萌える、それ萌える、とか思いました。

そしてスタジオ。
呑さんがお仕事忙しくて来れずに、3人のスタジオ。
スリーピースやんけ!!!

春雨LALAは、模索期間で。
色んな事に挑戦してます。
私がギター弾きまくるとか、私が歌わないとか。
いろいろ。
楽しいです。1から作りなおす感じが。
着地点が、まだ見当たらない。
けど、そういう時間もまた、愛おしいと思う。
ライヴという目標は欲しいけど、それだけが目的ではなくなった。
そんな、良い感じの春雨LALA。だと。バンマスは思ってますがね。
どうなんだろかね(笑)

でー。
月曜すっとばして火曜。

仕事が暇で。
ぼけーっと、twitter見てたら。
元azure flipperの唄い手さん、beevaちゃんが。
仕事で福岡に来るっていうじゃない。
ちょっとちょっとー、お姉さんになんで連絡せんのじゃ、って絡んだら。
ひぃぃぃ、ごめんなさい、遠慮したんです、お許し下さいぃぃぃ、て返事が来たので。
良かろう良かろう、美味しいもん食べいこうぜー、と約束を取り付け。
急遽、天神に出掛ける事にした。

急遽、なんで。
天神に出掛ける格好をしてなかったのが唯一の心残りです。
(あんな普段着で・・・天神行かんよ、普通・・・。もうちょっと早く分かったら早く言ってみようぜベイベー・・・)

私もまだ行った事無くて、気になってた舞鶴の海鮮丼屋さんに行きました。
美味しかったです!
長浜から直接仕入れてるそうで。
舞鶴であの値段だったら、まぁ良かろう!
昼に行けたらなー、絶対に柳橋行くんだけどね!!

ガールズトークしまくりました。
一時期、元気なさそうで、お姉さん、おろおろしてたんですけども。
あってみたら元気いっぱいで、安心しました。
いろいろ乗り越えたんやね。偉いわ。
去年会ったのが、確か山笠の時だったから、7月。
ほぼ1年ぶりなわけで。
1年で、女の子ってあんなに変わるかね、と思った。
仕事も順調なのかな、慣れてきたのかな、自信に満ち満ちてましたよ。
とても大人になって、綺麗になってました。
あどけない感じが抜けたというか、此れ、カオリやばいわー、負けてられんわー、て思いました。

そして、お仕事で、私の母校に行く事が判明し。
すごいすごい、ってはしゃぎまくりました。
そんな偶然もあるんやねー。
公立高校だから、私の在学中とは先生も総変わりしてるし。
校舎も、私が卒業した翌年から建て替え工事に入って、すっかり元の姿はなくなってしまってるから。
懐かしさもへったくれも無いんだけど。
在学中から変更を訴えてた制服と、ダッサーイ鞄は、今もなお健在で。
先輩たちの訴えが足りなくて、意見通らずごめんね・・・と、申し訳なく思いつつ。
後輩たちによろしくね、と思ったのでした。
旅の疲れもあるだろうし(東京ー福岡)、翌日は仕事だし、あんまり拘束しちゃいけないわ、と思いつつ、早めに解散。
またゆっくりおいで。
ゆっくり出来なくても、遠慮なく誘って。
動ける時は動くよ。
そのくらい気楽な付き合いしましょうよ。
遠く離れてるのに、偶然タイミングが合う奇跡に乾杯しましょ。

なんだかんだで。
素敵スタートの今週です。

ぅあー。
羽海野チカ展の2回目と、三菱地所アルティアムで開催中の光の展示、どうしようか迷うなー。
悩む悩む。
楽しい事を、沢山悩んで過ごす。

ほんの少し、決着をつけなきゃならない事にも、立ち向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

幸せ空間。

バー営業だったので、UTEROに行ってきた。
本当は、今日はやめとこうかな・・・・と思ったから、出掛けられるような格好で会社に行ってなくて。
でも、沸々と行きたい欲が沸き上がってきたので。
一度帰宅してから、ばびゅーんと出掛けたのです。

メニューから消えてしまってたキールを、またもや注文。
ごめんなさい、わがままな客で・・・。
でも、UTEROで飲むキールは美味しいの。美味しいのよ。

UTEROの店長、原尻さんから「バンド名、“はるうらら”って読むんですか?」と訊かれ。
ん? んん? と思いつつ。
「いや、“はるさめらら”ですけど・・・」と言った所で。
あ! “雨”を“う”って読んだら、はるうららになるね!!・・・と気付き。
すげー、その発想すげー、と思って。
そしたら照れ気味に原尻さんが「いや、誰かが言ってたんで・・・」なんて仰るので。
「えーっ、えーっ、どなたなんでしょう、すごいすごい」って言ってたら。
隣で春子さんが、「てへっ★」って笑っていらっしゃって。
もしや・・・と思って見つめたら、「私です★」と白状。
なんか、凄く面白かった(笑)

原尻さんが「普通に読んだら、はるさめやろ!」と、若干怒って(笑)
「だってバンド名に普通、はるさめなんて付けんやろ」と言い返す春子さん。
結局私が「そうですよねー、すみません(苦笑)」と謝るという(笑)

でも、うまいよね、“はるうらら”って(笑)
一瞬、変えても良いかも、と思ったわ。

話してるうちに、私がソロの弾き語り出来るよ、とか、そんな事に発展して。
あばばばば、いやはや、あはははは。
7月末に、春子さんが弾き語りでブッキングされるそうで。
同じ日にどうですか、なんて言われちゃって。
ひゃぁ。
どうなるんでしょう。
ううー、わかりません。
でも、万が一、正式にオファーがあれば、精一杯させてもらおうかな、と思ってます。
滅多に無いチャンスですものね。
7月はギター教室の発表会もあるので、頑張らなくっちゃ。
更に、はるうらら・・・じゃなくて、春雨LALAでも、ギター弾きまくらなきゃな展開になってきたから。
練習しないとね。
うんうん。
させてもらえる場所があるって、素敵。

昨年末の春雨LALAのライヴで対バンして、更に3月のgigiでソロをさせてもらった時も対バンだった堤さんとも、お話をした。
最近、何かとtwitterやFBでお話しさせてもらってる方。
話をしていると、ほわほわな気持ちになる。

いろいろあったみたいでしたが、みんなで居る間は、元気そうな顔を拝見出来て、安心した。
帰り、また送ってもらっちゃいましたし。(←3月のgigiの帰りも送ってもらった。
そして、ギターで、スガシカオの「黄金の月」を弾き語って下さいました。
ほわほわしてて、素敵。
ささやきバージョン、って仰ってました。
ああいうの、さらっと出来ちゃうってかっこいいなぁ。

堤さんが同い年というのは、プロフを読んで存じてたのですけれど。
同じく3月のgigiで、春子さんを通じて、少しお話しさせて頂いた、にゃーさんも、同い年だと知って驚きました。(←早生まれって仰ってたので、学年だとひとつ先輩なのですが。
私より少し若いのかしら、と思っていたので。
そうしたら、あちらも、私の事をそう思ってらしたそうで。
あらららら、と思って面白かったです。
同い年ミュージシャン、沢山ですわ。
猪口くんも、そうだしねぇ。
花の83年組・・・(笑)

これだけそろったら、同い年イベント開催しても面白そうだなぁ。なんて。

私の考え、だけど。
無理に生きなくて良いと思うんだ。
生きる事は闘いだから。
時に負けそうな事もある。
けど。
何か楽しみな事がひとつでも見つけられたら。
とりあえず、その日まで生きてみようかな、とか。
死のうかと思ったけど、今日買ってきたケーキが美味しかったから、とりあえず明日以降でも良いや、とか。
友達が会おうって言ってるから、其の後でも良いや、とか。

とりあえず。
今日を生きてみれば良いと思う。
明日、また死にたくなるかもしれないけど。
とにかく、今日を生きれば。
毎日やってくる今日を、生きれたら。

また、穏やかな日々がやってくるよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

考察。

心配かけた方も居るんじゃないかと思うので、フォロー入れとく。

おちつきました。
大丈夫です。
あれ以来、泣く事はあっても、衝動に駆られて物投げるのはしてないので。
物投げてもさー、何処かで理性が働いてるのよ。
ぬいぐるみや、タオルなんかの、柔らかい物、ぶつかっても壊れない物ばかりを散らかすのね。
そこが、また私の弱い所と言うか、中途半端に優等生な所と言うか、体裁繕おうとするイヤラシイ部分で嫌いなんですけどね。

中学生くらいの頃は、本当にイライラしてて、教科書とかペンとか、本気で投げてた。
良く、物が壊れなかったな、と思う。あ、でも、シャープペンシルは、ペン先を机に叩き押し付けて駄目にしたのが何本かあったね。
やったあと、自分が一番傷つくんだけどね。

宇多田ヒカルが。
ずっと前に、何かのインタビューで言ってた。
思春期は本当にイライラしてたけど、それは突然収まって、代わりに涙もろくなったって。
私も、そうだったんだけど。
ちょっと、泣くだけじゃ解決せんやったみたい。今回は(笑)
それでも、同世代の子って、やっぱりそうよね、あの人も一人っ子だしね、って思うと、何となくホッとしたんだ。
私だけじゃない、と思って。

ま、結果的に、今回私は暴れてしまったのですが。
思春期から一回りも過ぎたのに。
情けない。

原因はひとつじゃない。
それはいつもの事。
小さなひとつひとつが積み重なって、知らないうちに根を生やしてそれが絡み合って、知らないうちにひとつの大きな固まりになって、暴れだす。

結局利用したんだな、とか。
自分が辛くなるのが嫌なだけで先手打ったんだろ、とか。
所詮、人なんて脆い繋がり、とか。
私の我侭が、周りの自由を奪ってるんじゃないか、とか。

被害妄想の固まりでした。
此処では、柔らかく書いてるけど。
その当初は、全部人の所為にしてて醜い。
吐きそうなくらい嫌い。

学生の頃。
「結局、そうやって利用してるんでしょ。好きだって言ってくれる人に甘えてるんだよね、最低」って言われた事を思い出した。

そんなつもりは無かった。
でも、側に居てくれる人には存分に甘えた。
自分の事を好きだなんて考えた事も無くて、ただ、物凄く親切な人なんだな、と思っていた。
自分に余裕が無かったから。

近付くだけで呼吸も侭ならない程好きで好きで恋い焦がれた人が居るにも関わらず。
叶わない側で、安心出来る人に甘えた。
今だって、そう。

安心が恋なら良いのに。
安心を恋に変えてくれる程、近くで説得してもらえたら良いのに。

でも。
めまぐるしい現代社会。
そんなに暇な人は居ないので。

そろそろ私も。
自立の道を考えて。
親離れしなきゃいけないのかな、なんて考える。
28歳、初夏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

東京旅行の事。〜堂島さんと大石くんの件〜

もう、書かねーと思っただろ。

書くよ! すげー素敵ライヴだったんだからよ。

5月20日、代官山のLOOPにて。
堂島孝平さんと、大石昌良さんのツーマンイベント。
多分、このLOOPってライヴハウスが、定期的にやってるんだろうね、こういうイベントを。
NEW DAYSって名前のイベントでした。
貰ったスケジュールの中にも、同じイベント名がいくつか見受けられたので。
てか、こういうイベントがさ、普通に、あの規模のライヴハウスで見れちゃう所が東京だよな・・・。
なんか、もう、普通だもんね・・・。
みんな、普通に来てんだもんね・・・。

私は、Sound Schedule時代からの大石くんファンなので。
勿論、大石くんを見に行ったのですが。
割合で言えば。
やはり、キャリアの長さですとか、メディア露出度が若干高めな堂島さんファンが多いようで。
カバンにdjkhグッズをぶら下げてる子やら。
なーんか、髪型を意識してる感じの男子が居ました(笑)

オープニングアクトの真田さんって方も、太くまっすぐな歌声で素敵な方でした。
話も面白かったし。

そして、大石くん登場ですよ。
うきゃー、うわーって盛り上がる子は、やはり、総人数からすると少なめ。
1曲目はストーリー。
うんうん。女子攻めやの。いい雰囲気。私もお洒落に聴きます、聴き入ります。
でも、私、2曲目で、聴き覚えのあるスキャットを、大石くんが口ずさみ始めた瞬間から、なんか、もう、色んな物が、吹っ飛んだから。

と、と、と、トライアングルー!!!
聴けますようにって祈り続けてたトライアングルー!!!

ひゃぁ! ひゃぁぁぁ!!
飛び上がって「ふぅぅぅ!!」て叫んでしまい。
隣に居た堂島ファンと思われる女の子が、若干引いてたよね・・・。
ごめんね・・・博多の人間さー、洒落た佇まいで聴けんのやわー。(←え。

がっつりノリノリになってしまった次の曲が。
これまた「幻想アンダーグラウンド」で。
なにこれなにこれなにこれなにこれ!!!!!!

其の後も、最強セトリが続いて続いて。
とろっとろにされてしまった。

ぐしゃぐしゃかもしれないけど、以下セトリ。

・ストーリー
・トライアングル
・幻想アンダーグラウンド
・ダイアモンド
・海を見ていた、僕は
・ムーンリバー
・ペーパームーン
・カブライダー
・ワンダーランド
・小さな恋のメロディ
・東京ループ

途中で。
ひゅー!とか。きゃー!とか。
歓声が上がると。
「そういうひやかし大好き! もっとひやかして!」て言って。
誰かが「王子ー!」て叫んで。
少し間があって、半笑いで「・・・何て?」ていう大石くんが可愛かったです。
更に、私の前に居たdjkhファンと思われる2人組女子は「王子なんだ?」と言いながら笑ってて。
それも可笑しかった。

最初、うわーっと盛り上がる曲が続いて。
突然、「海を見ていた、僕は」というバラードに入った為、みんな、うっとりなっちゃって。
でも、歌い終わった大石くんが、ぼそっと「こんなしっとりした曲もありまーす」なんてわざわざコメントしたもんだから、可笑しい雰囲気になっちゃって、みんなくすくす笑って。
前の女の子が「せっかく良い曲だって思ってた所なのに(笑)」って言ってたよ!
こら、大石!! 堂島ファンを掴む為の最高のチャンスやったのにww

特筆すべきは、最後の「東京ループ」。
東京で聴く東京ループは、また違った味わいでした。
大石くんもね、熱の入り方が違うのかもね。

堂島さんとの思い出話を、MCでしていて。
「通ってた大学の文化祭に来て下さって。プロのミュージシャンを見て、すげえな、って思ったんだけど、何が凄かったかって、MCが面白いの。」

djkhファン、爆笑。

「いろいろ面白かったけど、一番覚えてるのがねー・・・脇汗自慢をしてた事(笑) どんだけ一生懸命歌って、自分の脇汗が凄いかってのをずっと自慢しよった(笑)」

いろいろ面白かったのに、一番覚えてるのそれかよwww

そして、去り際、「みんな、脇汗の話は内緒ね★」と言いながら引っ込む大石!!
かわええじゃないか!!!(←萌え。

この時点で、フロアの真ん中辺りに居たのですが、堂島ファンに譲ってもいいやー・・・と思って、ドリンクを取りに行き。
ちょっと後ろの方からゆっくり見るつもりだったんですけど。

ジャカジャカとアコギかき鳴らしながら出てきた堂島さんが、なんか物凄く笑ってて。
そしたら、フロアでお客さんも笑って、変な雰囲気で盛り上がり始めて。

堂島「えー! 何これ、なんでみんな笑ってんの! 楽しそうなんだけど! すっげーやりやすい! あははは、大石くんありがとー!!! あははは!!」

何このテンションwww

曲名がね、分からないのが多くて。
ライヴ見るの初めてで、予習もなんにもしてないから、昔の曲しかしらんのよ。
だから、MC集になります。ごめん。でも、かなり楽しかった。

「みんな、大石くんにうっとりしたんだろー! あんな、ペーパームーンにうっとりしたんだろー! もう、俺、あんなの出来ねーよ、向こうでちびっちゃうかと思ったからね!!」

「てか、なんでみんなそんなに笑ってんのー? 代官山って、もうちょっとお洒落な街だと思ってたんだけどww 下北かー!!?ww」

「昨日さ、大阪でイベントでさ。野外フェスだったから、アゲアゲの曲ばっかり用意してったわけ。盛り上がると思ってさ。そしたら、みんな暑くてへろへろになっちゃってwww もう、かなりスベッたよね!!」

「もう、昨日を忘れさせて!!!」

(あのコ猫かいな、の前フリで)「みんな、ヘイ!って言ってね。 ヘイ!ヘイ!ヘイヘイ!で2セットあるから! 直前になったらさ、顔で合図するから、よく見といて!!(←変な顔) これね、昨日出来なくてやり直しさせたからねww」

へろへろの客に、やり直させたんかいwww

「最近さー、これ、なんて言うんだっけ、チラシ?で初めて自分のスケジュール知る事多くて」
(お客さんから「フライヤー!」という声。)
「え? フライヤー? ・・・それ、代官山では、でしょ? 下北ではチラシって言うんだよww」

・・・じゃ、聞くなwww

「でも、さすがにさ、これ知らなかったら、俺、事務所変えた方が良いよね! これは知ってる! レコ発のツアーやりますよー!」

いや、出演イベントをチラシで知るアーティストって、大丈夫なんかね(笑)

「大石くんの事はさ、ずっと気にかけててさ。バンドの頃からね。・・・俺も、解散とか再結成とかしてぇよ!!」(←これ、前にシカオも同じ事言ってなかったっけww

「金環日食を、千年前に見た人もね、見逃したというか、見れなかった人が居ると思うんだよね。『ま、まぶしかろう・・・』とか言ってさ、いや、分かんないけど、昔の言葉で! 『まぶしそうろう・・・』とかww」

発想が可笑しいだろwww

「だから俺もさ! 千年ぶりに、金環日食を見逃した人になるから!! ははは!!」(←なぜか自信たっぷり。

曲はね、あとで教えてもらったので分かったのが、CLAP AND SHOUTとかTOKYO WALKIERSとか、6AMとか、ベンジャミン空を睨む、とか。

そうそう、ベンジャミンの時、最後にみんなで合唱するんだけど。

「2パターンあるよ! まず、♪じだんだじーだんだ じだんだじーだんだ♪っていうのね。・・・そうそう、良いねー! 2つ目が♪じーだんだ じーだんだ♪ね。・・・そうそう。じゃ、みんな、好きな方歌って!!」

・・・え!?(笑)

案の定、ぐだぐだで。

「はいはい、じゃ、こっちから半分が1パターン目で、こっちから半分が2パターン目ね!」と、分けてました。・・・そりゃそーだろ(笑)

「はい、地団駄踏んで! 日頃あるだろ、地団駄踏みたいような事が! 金環日食見れない気持ちで踏んで!」

・・・根に持っとるやないかいww

何だか、もう、大盛況でお腹いっぱいだったのですが、最後に2人でセッションするなんて言うもんだから、楽しみに待つ。

そして2人で出てきてからも、漫才みたいな事やりよった。

大石「じゃ、そろそろセッションを」
堂島「やりますか。この曲、よく聴くけど、カバーしてる人とか居るのかな・・・あ、大石くんはよく歌うんだっけ?」
大石「ええ、僕は・・・」
堂島「ふんふん。じゃ、やりますか。」

大石くんがギターで、堂島さんがブルースハープ持って。
大石くんが、ギターのイントロ引き始めて、何が始まるのかな、ってウキウキしてて、堂島さんと大石くんが向き合って、見つめ合ってて。
多分、フロアのお客さん9割方、此処で入るよね、って分かるくらい分かりやすいイントロだったのに。

堂島孝平、ニヤニヤ笑ったまま、変な動きをしだして、入らずww

大石「入らんのかーい!!ww」
堂島(ニヤニヤ)
大石「なんか、入らないんちゃうかなーって顔しとったけど、やっぱり入らんのかい!!」

もう、仲良し過ぎて笑いすぎておなか痛いよ。

そして、次のタイミングは、ちゃんとキメてきて。

♪ダンスフロアに 華やかな光〜♪

!!!!!!
!!!!!!
「今夜はブギー・バック」ですって!!!!!???

ひゃあ!
ひゃあああ!!
か、か、か、カドカワさぁぁぁぁぁぁん!!!(←私信、心の声。

なんかもう、色んな物が出るかと思った。(←なんやそれ。

ラップの部分。
堂島さんが歌ったんだけど。
お客さんみんなで一緒に「よくなくなくなくなくなくなーい?」って言うの、最高やったわー。
みんな知ってるよね。名曲ですよね! 世代だわー、やっぱり。

そして特筆すべきは。ブリッジの部分。
大石くんが、しっとりとまっすぐにフロアを見て、歌い上げる。

♪心変わりの相手は「堂島さんから」僕に決めなよ♪

って。粋な。歌い替えを。しちゃうから。

最初から大石くんだけどー!!
もう、もう、ずっと大石くんだからー!!
はぁぁぁぁぁぁぁん。

と。溶けてしまう所だった女は私です。
あの視線が!! もう、なんていうんですか。とろっとしてて、惑わす感じと言うんですか。甘えた感じの。なんだそれ。もう、なんだそれ!!!(←混乱。
思い出しただけで溶けるわ。

そして、無事に終わった・・・・ジャラララーン・・・・・・

堂島「いちにーさーん を待たずに 16小節の旅の始まり・・・」
大石「(笑)」(←まだやるんかい、と言いたげ。

お客さんも、仕方ねーなー、楽しいんだろ、堂島!・・・モードww

一緒に叫ぶ。
「ピザ!」「チキン!」「セイ ハロー!」「よくなくなくなくなくなくなーい!?」
楽しかったww

そして、其の後のサビまでいった所で満足したのか、終わりました。
時間、かなり押してたみたいです(笑)
てか、堂島くんの演奏中から「実はねー、これ、凄く押してんの。時間オーバー。あ、大石くんもね、オーバーしてたんだけどね!」って言ってた。

ツーマンのイベントってさ。
単純計算で、ファンが半々ってことじゃない?
だから、アーティストも、残り半分を退屈させない、あわよくば自分のファンにしちゃいたい、って思って、真剣に挑むと思うのね。
ワンマンは、絶対に自分のファンだから。
新曲をやってみるとか、最近やってないレアな曲をやっちゃうとか、サービス精神が働くんだろうけど。
ツーマンや、フェスって。
アーティストとしても、自分の自信作を持ってきて、楽しませたい勢いのぶつかり合いだと思うのです。
だからねー、なんか物凄く楽しかったわ。
良かったです。

大石くんに惚れなおしたのは勿論の事。
堂島君も好きになってしまって。
収穫の多いライヴでしたな。

てか、このレポ長いなぁ。
読む人おるんかね。
mixiに貼付けるのはやめとこかな・・・此処から厳選するかな・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

かなしみあいよりふかいのはだあれ。

会社では小説を。
家では、借りてる漫画を読む日々。

漫画は、買い出すと本当に増えて困るので。
いつからか買わなくなって。
高校生の時は、ずっと友人に借りてたけれど。
卒業したら、なかなか借りる機会も無くなり。
本当は好きなんだけど。
読まなくなったりで。

でも、最近は、勧めてもらう機会もあって、レンタルしてきたり、貸して下さる方が出てきたり。
ああ、私ってば恵まれてるな、などと。

昨日読了したのは、バンドのベーシストに借りた「スキエンティア」という漫画で。
戸田誠二さんって方が描かれてるのですけど。
少女漫画しか読まない私は、名前すらも存じ上げておらず。
ドキドキして読んだんですけど。
とても心にしみる良いお話だったな、と思いました。
連作短編物で、読みやすかったし。

日常、誰にでもある、どろんとした心の闇と、進化しすぎて歪んできたこの世界が物語の中心にあるのですが。
どの話も、読み終わったら、救われる。
完全に晴れなくても、ちゃんと光が見えて、終わる。
それがね、凄く良かったな、と。
救われる糸口を、探さないとね。
困ってる、悩んでる誰かと、一緒に探さなきゃね。
見つけて、喜べる自分でいたいよね。

描かれてる世界はキリキリしてるのに。
人と人とのふれあいが、柔和。
そうだよね、人間は、本来、温かいよね、柔らかいよね、優しいよね、信じていいよね。
そう思えるような。
お話でした。
同じ作家さんの違うお話を、あと2冊借りてるので。
ゆっくり読みたいな。

昨日描いた、イヤホンジャックカバーのカエルくん。
会社につけていって自慢した。ら。
「うっわわ、思ったよりリアル」とか「ヒャー、爬虫類嫌い!」とか。
酷い扱い受けたよ(笑)
また、変な人レッテルに磨きがかかってしまった。
いいもん、いいもん。かわいいもん。
月曜日はオウム付けて行きたいです。

会社に行ってしまえば。
気丈に振る舞わなければならない、と思うので。
そういうスイッチが入って、キリッと出来るのですが。
もしくは、必要以上にはしゃいでしまえば良いのですが。

今朝は本当に大変で。
あ、このあとは私的な記録です。日記なので。
いつ、そういう症状になったかを記録しとくのも、大事な事なので。

だから。メンタル弱い人は読まない方が良いです。
此処までありがとう。

で。
本題に戻る。

朝から発作みたいになったのは初めてだったんで、自分が一番びっくりした。

鏡を見ながら、化粧してたら、スタスタスタスタ、涙が落ちてきて止まらないのだ。
化粧は全然のらないし。
目はどんどん赤くなって腫れていく。
もう、会社に行けないかと思った。

気持ちばかりが焦って。
鏡の中の自分と、時計の針を交互に見て。
焦ってじっとしていられなくて。
久しぶりに、その辺のぬいぐるみ投げまくった。
物を投げるのはやめた筈だったのに、耐えれなくて、また、そういう自分に幻滅して。
トトロにもカメにもウサギにも悪い事しました。

此処で行かなかったら、多分もう一生無理だな、と思ったので、会社はちゃんと行く事に決めて。
目薬をさした。

なんとか止めたけど、化粧は当然のらないので。
チークをちょっと濃いめにのせて、視線を逸らす作戦にした。

母親の顔は見ずに、顔を伏せて、急いでるふりで、いってきます、と言って外に出た。

5分送れ。
平日なら遅刻フラグだけど、土曜日なので間に合った。

会社でも、気を緩めれば苦しいのにすっぽり捕まえられてしまいそうで。
必死で逃げた。逃げ切った。

帰宅して。
何事も無かったようにごはん食べて、すぐにお風呂入った。
泣きたいだけ泣いた。
そして、ガサガサの肌に潤いを与えるように丁寧に洗顔して。
ザクロのシートパックして、今。

だいぶ、落ち着いた。
けど、泣いた事による後遺症で熱が上がってて、頭痛いです。
寝なきゃ(笑)

色んな事が限界で。
電話をかけてしまいそうだよ、どうしようサニーさん、いつ会える、会いたいよ、って言おうとしたら。
サニーさんも倒れてたって事をtwitterのTLで知る。
リプ飛ばしたかったけど。
元気無くて、それどころじゃなかった。
採血で倒れた時はね、それは貧血っていうよりも、一時的に脱水症状を起こしてるのですよ。
血液も水分だから。
水分が、体内から失われたので。
脱水症状なのです。
補う為には、水分とって横になってたら良いです。
その時、あるならばポカリスエット的なスポーツドリンクが効果的。
体内に、水分として吸収されやすいんですって。水よりも。
だから、回復が早いです。

・・・って、私が献血行って、ぶっ倒れた時に、助けてくれたセンターのお姉さんが仰ってましたよ★(←うけうり。

こんな所で今頃書いても遅いかもだけど。
心配してます。師匠、頑張り過ぎ。

つまりは、私も心配かけてはならないな、と気を引き締めたので。
きっと大丈夫です。
ふぅ。

永遠は幻で。
愛してるは虚言。

そんな事を考えてたら引き金引いた。
自業自得だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

買物上手?

通販にハマってるわけではないのですが。
やっぱり、色んなお店を見て回って、比べて、手に取ってみて、買うっていうのが好きなんですけど。
買いたい物が決まってて、探してから買いたい時、とか。
ウィンドウショッピングと同じように、ネットをぽけーっと見てて見つけた物。
そこでしかない出会い、みたいなのを感じたら、抵抗無く通販でも買えるようになりました。
昔は絶対嫌だったのにね。
成長したなぁ。

ちょっと前、指輪に通すネックレスチェーンを探してる、って書いてたら。
カドカワ嬢(@webライター系、富山女子)が楽天さんのショップを教えてくれたのが、ぴったりっぽくて。
すぐに買っちゃいました。
届いてみたら、若干長い気もしたので。
少し、自分で切って加工しましたが(笑)
そういう事を迷わずやれるような金額だったっていうのも魅力だったし。
おかげさまで、毎日ストレス無く、会社に連れてってる。指輪。
会社から何処かにお出掛けする時は、チェーンを取って、指輪にしてる。
あの指輪をしてる時、自分の手が綺麗に見えるのは。
誰かに愛されてる手、に見えるからかもしれない。

こないだ、帰り道のスーパーで買い物するとき、主婦ごっこしようと思って、左手に付け替えたんだけど。
ちょっと、気持ちがぴりっとして、面白かった。
思わず、ドリカムの「あなたにサラダ」を脳内で歌っちゃったもんね(笑)
ただ、私、左のが若干指が細いみたいで。
軽く抜けそうなのが怖かったですけど。

そして、通販と言えばもうひとつ。
こないだ、twitterで教えてもらったのが凄く可愛くて。
イヤホンジャックカバーなんだけど。
iplugっていう、スマートフォン用のアクセサリー。
可愛いでしょ?
カエルさんと、ベニコンゴウインコを買ったよ★
カエルのリアルさが、本当に可愛いの。

3個以上で送料無料だったから。
ミッチー先輩(@春雨LALAベーシスト、トナカイ男子)に、どうよどうよ、って勧めたら、のってきてくれました。
うわぁい。
今度のスタジオの時に持って行くのだ。
2人でアマガエラー(?)だよ。
待ち遠しい。
まだまだ、来週の事じゃーん。はぅぅ。
インコさんは、今、カバーにしてるアナスイとね、相性良さそうだったから。
実際、かなり美しい色合いになって、素敵ですよん。
んふふふふ。

こういう、無くてもいいけど、あったら可愛くてウキウキする物、大好き。

やる気が途切れてしまいそうな時に、ちょっと見て、笑って、何とかなるよ、って思う、自分なりの起爆剤。

なんとかなるよ。
ブラウスの中、こっそり下げてる指輪も、私の応援してるから。
あれは、あの日の金環食だから。
大丈夫。平気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

全力でぶつかり合う女の子の勇気が、私の弱弱メンタルを救う。

AKBの総選挙に、少し元気を貰う。

あの子たちに比べて。
私は文句や不平不満ばかりで。
ちっとも努力が足りてない。

ちゃんとしなきゃ、と思ったのです。

ふーぅ。

日中は、金星の太陽麺通過も、ちゃんと見たよ。
金環食の時に使った太陽観察グラスで。
9時頃、小さい点が見えて、あれかな?よく分かんない、と思ったんだけど。
10時頃にもう一度見たら、点の位置が変わってて。
ああ、あれだあれだ、やっぱりそうだ、って思って。
元気になりました。
幸せ。

なんだかんだと、6月は。
時間が足りないなぁ、なんて毎年思う。

今年も。

7月にギター教室の発表会があるから、練習しなきゃいけないし。
春雨LALAも、またライヴに呼んで頂けるよう、しっかり組み立てていかなきゃいけないし。
羽海野チカ先生の原画展も見に行きたいし。
今年こそ、筥崎宮のあじさい園を見に行きたいな。
髪も、梅雨仕様に縮毛矯正かけてもらいたい。
昨年のデジパが面白かったから、今年もかけても良いかなぁ、なんて思ってる。
ふああああ、時間が足りないな。

今年も、あじさいは諦めるかな・・・。
それとも、髪を7月にする・・・?
梅雨終わっちゃうかな(笑)
そしたらあんまり、縮毛の意味がないな。

会社の、5時起きデイズ前最後の日曜に。
ギター教室からのー、美容室からのー、博多駅屋上の蛍と夜景、なんて考えてるんですけど。
かなりハードよね、無理かな・・・。

まぁ、とにかく。
時間を大切に過ごしていきたいです。

疲れが溜まってる。
しっかり眠らなきゃ。
泣きながら目が覚めた時の倦怠感、物凄いからね・・・。

ほわほわの夢を見たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

からまる。

精神的に安定していたのは日曜だけでした。ははは。
おなか痛いのは今日も残ってる。あはは。

胃が痛いのではなくおなかが痛いので、食べれないわけじゃないので、比較的健康と言えば健康なのですが。

日曜、自分で作ったクリームパスタと、土曜から漬け込んでたタマネギのマリネがおいしかったので満足です。
マリネは本当においしかった・・・また作る。
白ワインビネガー最高。

もやもやと、絡まったモヘアの毛糸を、ゆっくりゆっくりほどいて、また綺麗な毛糸玉に戻るような作業を、頭の中でしている。
絡まった毛糸の頃に私が取った行動の意味を、よくよく考えている。

お互いの為、と言いつつ。
実は、自分がそうしたかっただけの事。
綺麗事を言ったのだ。
・・・という結論に辿り着いて。
足下から崩れ落ちそう、というか。
もう、私なんて終わってしまっていいな、とか。
巡り巡っては。
突然、涙腺が緩んで。
仕事中だろうがバスの中だろうが。
涙が落ちそうになって、どうにかこうにか堪えるのに必死。
みぞおちの辺りが、軽く筋肉痛。

優しくしてもらうばっかりで。
聞いてもらうばっかりで。
何も返してあげられなくて。
そこに何の罪悪感もなくて。
酷い事ばかりしてしまった。

誤っても謝りきれない。

頭が破裂してしまいそうだ。

普通は。
他愛無い毎日の出来事や。
胸がつぶされそうな出来事や。
考え込んでしまうニュース。
お気に入りの物、美味しかった物、可愛いと思った物。
話して、「聞いてくれる人」と「恋人」がイコールなんだろうね。
もしくは、「話したくなる人」と「恋人」がイコール。

私が1人で、物事を複雑にして、哀しがってるだけなんだよね。
でも、助けを求めたくて。
だって、泣くのはとても苦しくて、疲れるから。

利用してたなんて思われても仕方ないね。
でも、そんな事ないんだよ。絶対に、ないんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

精神的には安定しているのだけどね。

まちがった。
前の記事。
もう1年経ってしまったから6年だ。
あと6年でした。
6 years afterでした。
でも、7のがカッコイイ気がするし、記事としてはこのままにしといて、気持ちは6年で、うーんと、その1年の辺りを、みんな気付かんうちに曖昧にしてくから良いや、あ、此処で言ってしまったらバレバレやん、良いよ、良いんだ、カオリだし。

さて。
最近、twitterでは意識的に、体調不良と精神力低迷ツイートはしないことにしてて。
頑張って、健康女を演じてるのですが。
(だって、健康な方がモテる気がするやん。アイドルらしいやん。)

言ってしまいたいときもある。
ので、ブログの出番である。

うわぁうわぁ! おなか痛いよ!!

・・・・・・ふぅ。
もう、おなか痛いし、眠れる気しないし、かといって動けないし。
起きてからずっとPCデスクの前に座って、音楽聴いたりツイートにツッコミ入れたりしてるだけですわぁ。
こんなに天気のいい日曜日ですのに!!

これが、出勤してる日だったら。
もう、意識朦朧で仕事どころじゃねーな、絶対、なんて思って、良かった休みで・・・なんて思いつつも。
せっかくの休みにこんなおなか痛いとか意味が分からん、しかも今、日曜しか休みじゃないのに!!・・・と憤りたい気持ちにもなっております。

ふみゃぁ。
夕方、体調戻ったら。
自転車でナフコ行って、CD保存ケース買ってきたいな。
シングルCDを、詰めて重ねて保存したいです。
あんまり聴かないけど、手放す気もないんだよね・・・一生懸命集めたし・・・。
ジャケが好きだったりもするしね・・・。

でも、今日は自転車無理だな・・・無理な気がする・・・。

座ってゆっくり、お洋服の整理とか、小物の整理します。
はふぁぁぁぁぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

7 years after.

今朝、チラリと、ツイートでも書いたのだけれど。

KOTOKOを見た時、田中が琴子の前から姿を消した場面で抱いた喪失感。
なかなか拭えなくて。
拭えないというか、ずっと前から持ち続けていた不安を、また目の前に差し出されてしまったような、そんな恐怖。

あれだ、ノルウェイの森で、ワタナベくんが、緑に傾いてしまった時に感じたのと同じだ。

何度読んでも、胸が締め付けられる。
ギリリと音を立ててつぶれる。

多分、もう一生駄目なんだと思う。

鏡越しであっても。
目を合わせてもらえる事が。
耳を傾けてもらえる事が。
どんなに嬉しい事か、なんて。
側に居て、触れて貰ったその手が嫌じゃなくて、安心出来ると気付いた時に、どれだけ先の人生が救われたかなんて。

分かる人、居ないんだろうな。

6月が来た。
髪を整えに行かなきゃ。

7年、大切に暖め続けた想いだ。
冷ますなら。
同じように7年かけても良いじゃない、と思えるようになってきた。

さて、7年後の私は、どうしているでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »