« 進む日々。 | トップページ | ごぶさた。 »

2012年12月 9日 (日)

可愛いお人形たちと、温かな音楽の、メルヘンな夜。

12月8日、平尾にあるエノトンワークスというスタジオに、ライヴを見に行ってきた。


「ハイカラ夜音 マジョーラサーカス 〜奥様はモガ〜」というタイトルのライヴイベント。
それは、11月25日から開催されていた、サニーさんの奥様、ニコラン・コランさんの個展のクロージングイベントとして設定されてたライヴ。

個展は、1週間前に、しっかり見てきて。
展示兼販売されていた猫のぬいぐるみも、購入予約済み。
個展の内容は、此方の予告ムービーを見て貰えたら。
何となくでも、その素敵さが伝わるんじゃないかな。

そうそう、一番最初にでてくる猫ちゃんが、うちにきました。
サファイアちゃん、と名前をつけたのです。
かわいがります。

ライヴも、あたたかく進んで。
一番手、THE HA-LOESは、はるねちゃんが一生懸命でとっても可愛くて。
小学校何年生なのかなー・・・3、4年生くらいなのかなー・・・。
衣装もお揃いのスカートで、可愛くて。
ひらひらふわふわ。
だけど、革ジャンでロックなの。
デザイン伊達メガネで、ロックなの(笑)
1曲終わる毎に「ありがとうございます、ザ・ハルゥズです!」っていうのが可愛くて可愛くて、もう。
いじわる顔の私でも、終始目尻下がりっぱなしになっちゃうくらいキュートなのでした。
でも、ステージに立つ度胸と覚悟は、大人顔負け。
あたたかい大人にしっかり守ってもらいながら、のびのび自分の感性で育ったら、子供は強くなるんだね。

2番手はlon+pari-ce。
10月末のアコナイで(そうなんです、ブログ書いてないけどやってるんです、青猫・・・)対バンだった、はにーさんが率いて、ノスタルジアの牧畜さんとガミーさんが固める、最強お洒落ユニット! ふぁお!
演奏する曲もお洒落で。
鉄琴の音がね、また可愛いの。
はにーさんが叩いてるの、カラフルで可愛いけど、音もすごく良かったなー。
トイピアノでいうとシェーンハットみたいな。
私もね、トイピは、音で言えばシェーンハットが欲しかったけど、どうしてもグランドピアノ型が欲しくて、カワイにしたんだよね・・・ビジュアル重視・・・ビジュアル系だから・・・。
鉄琴良いですね。
弾けない楽器を・・・これ以上おうちに増やすわけにはいかないけどね・・・!!
ふはははは!!
歌詞の、ファンタジックな感じも心地良い。

3番手の藤井さん。
これぞ、弾き語り、って感じの。
歌いたい事を、無理のない音に乗せて。
さらさらと、等身大の自分を歌う。
アンコールが起こって。
私は初めて見たので知らなかったのですが、お友達の方の中では有名な曲だったらしく。
藤井さんが「はいっ」って言ったら、大合唱が起きた(笑)
なんなの、あのあたたかさ!
すごいよ、愛されてるよ・・・!
感動してもーた(笑)
個人的には、きゅうりの歌がツボをついて、もう、藤井さん=きゅうり、というイメージで固定されていますが・・・。(←恋人が大のきゅうり嫌い。
また、見てみたいなぁ、藤井さん。
gigiスケジュールで、名前をお見かけするので、機会があれば、と思いました。

そしてトリはノスタルジア。
ぬいぐるみ作者のニコラン・コランさんの旦那様、そして青猫の本棚のプロデューサー、そして私の大切な師匠、サニーさんが率いる5人組のバンド。(←サニーさん率いる、って牧畜さんが言ってるから、そう書くけど、どう見ても牧畜さんが総元締やん・・・。
お洒落コードで、何処かアジアンテイストで、じゃかじゃか、お祭りのような音楽を展開していく、というのが私の見たノスタルジアのイメージなのですけれども。
この日は、クリスマスステージ。
しっとりと「LAST CHRISTMAS」のカバーから始まる。
ほぅっと、聞き惚れてしまいました。
そして、何度聴いても、ノリノリで体が動いてきちゃう「シュガーリップス」。
新曲の、サーカスの歌も気になったなぁ、また聴きたい。
1回じゃ理解出来ない(笑)
でも、それも、ノスタルジアが持つ中毒性、素敵の理由。

あっという間の時間でした。
頂いたハーブティーも美味しかったし。
サニーさんやニコランさんとも、ゆっくりお話し出来た。
牧畜さんは、トナカイ帽かぶってきて下さってたし(笑)

誰もが楽しいと感じる事ではないのだろうと思う。
素人でしょ、とか。
何が楽しいのか分からない、って言う人も居ると思うのだ。
だけれど。
私は楽しいと感じて。
出会えた事に喜びを感じて。
大切なお友達(敢えて、お友達って言わせてもらいます)の奥さんが、時間をかけて愛情込めて一針一針塗った大切なお人形を、購入して、おうちに迎える。
多分ね、値段付けられないと思うよ、本人からしてみたらさ。
それは、なんて暖かいんだろう。
かけがえのない時間で、運命的な出会いなんだろう。

外は寒いけど。
冬は嫌だけど。
出来ればぬくぬくしていたいんだけど。

それでも出掛けなきゃ、と思えるような。
予定が入ってる事が嬉しいと思えるような。
そんな誘いをくれる、大切な仲間に、感謝をしています。

******************************

ずーっと、更新が途切れてたのは。
実は、書きかけの記事がたまっている状態なのだ。

中洲ジャズ、中田ラジオ起こし、中田ライヴ、シカオライヴ、青猫ライヴ、映画「放課後ミッドナイターズ」、2012冬燐、箱崎近くまで見に行った即興バンドの話・・・。

書きかけのまま、仕上げる事が出来なくて、たまってる。

書き上げるだけの体力というか・・・気力がなかった。
もっといえば、モチベーションが無くなった。
わざわざ、書き記す必要がなくなったので。

やっと書けて、ちょっと抜けた気がする。

分かんないけど。

かろうじて、ギター教室は続けてるのですが。
人前で弾く事があるかどうかは、分からないなぁ、と思ってたりする。

誰が聴こうが聴くまいが、いつか届くかもしれない、と思いながら必死に歌ってきた頃とは、同じ気持ちでは歌えないし弾けないんだな、とだんだん分かってきた今日この頃。


それでも、私は間違いなく幸せなんですけれども。

|

« 進む日々。 | トップページ | ごぶさた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 可愛いお人形たちと、温かな音楽の、メルヘンな夜。:

« 進む日々。 | トップページ | ごぶさた。 »