2008年12月29日 (月)

東京旅行記~第2章 ニナミカに感動~

羽田から、初台まで移動。


カオリ「これ、何電車?」

junさん「京急。」

カオリ「くるりだ! 赤い電車!!」


きゃーきゃー言って、旅行者ムード丸出し。(←恥)

更に、前日の飲み会事件も話して呆れ笑われる。


いくつか電車乗り換えて。

東京オペラシティへ。

この、電車の乗り換えなんですが。

いやー、もう、ほんと、junさん居て助かりました。

あたし独りでは、きっと、いろんな駅員さんに迷惑をかけたであろう。

ブログも、小ネタ満載で書ききれなかったかもしれません。


オペラシティには、大きなクリスマスツリーがあって、その下で、テルミン奏者さんが演奏してた。

あの人は何だったんだろう。

イベントで呼ばれてる人?

のわりには地味だったけど。


いざ写真展へ。

蜷川実花の写真展に行くのは2度目。

1度目は、福岡のイムズにある、小さな展示スペースで。

写真集の発売記念かなんかで、本人来場の日に行って、サインまで貰って、話して握手までしてもらっちゃったという幸せ者。

彼女のファンになったのは、中学生の時で。

進研ゼミ(塾に行くのが嫌だったので、此れを受講するから許してくれ、と言ったのでした。)の教材についてくるエンタメ雑誌があって。

毎月載ってくるショートストーリーに、写真を添えているのがニナミカでした。

毎月凄く楽しみにしてて、ストーリーよりも写真を楽しみにしてる自分が居て。

其れまで、写真って、正直、良く解らなかったんですよ。

綺麗だとか素敵だとかは解っても。

誰が撮っても同じに見えて、好きとか嫌いとかは良く解らなかった。

けど、彼女の作品を見るにつれて。

どんどん好きになって。

もっといろいろ見たい、知りたいと思って。

図書館に行って、全部借りてきたのを覚えてます。

無い物は、別館から取り寄せてもらったりして。

実際、曲を聴いて、彼女の写真を思い出して紡いだ歌詞なんかもあって。

あたしが言葉を取り扱う上で、其の色彩に助けられる部分っていうのは、多々あります。

表現方法は違えど、現したいものは何処か似通っているというか。(←こんなド素人に言われたくはないだろうけど。)

言語中枢を、刺激する色彩、被写体。

彼女の目を通して、切られたシャッターで、知る世界。


花の写真も好きだったけど。

一番好きなのは、やっぱり金魚。

空も綺麗だった。

印象的な赤の中に1枚だけ置かれると、吸い込まれそうで、驚く。

桜も綺麗だった。

ゾクゾクする感じ。


スペースが、本当に広く取ってあって。

福岡であってた時の規模なんて、本当に触りだけって感じ。


持ってる写真集の中の写真も、ちらほら飾られてて。

持ってるのに、何度も見てるのに、やっぱり感激する。

引き伸ばされると、やっぱり何か違うよね。

より、其のシャッターが切られた時の空気に近づける気がする。


会場を出て。

ショップに行き。

公式パンフレット(てか、此処までくると、もう本です、写真集、カタログ。)を迷わず購入。

だって、せっかく来たし!

個展があってるところでしか買えないんだよ!

あ、迷わずってのはちょっと嘘。

其の本の帯に、写真が使われてるんだけど。

其の写真が、5種類あるんですよ。

5種類を見比べて、どれが良いか迷う迷う!


カオリ「うっわー、どうしよう、決めきれない。」

junさん「これかこれが好きかな。」

カオリ「……いや、此れと此れで迷ってるの。」(←好きだと言われた2種以外を指差して。)

junさん「……あ、そう?」(←どうでもよさげ。)


入場券にも使われてる花の写真と、金魚で迷ったのですが、結局、金魚を買いました。


常設展示も見たけど、其れはあんまり解せない芸術だったな…。

ごめんなさい…。


で、其処から散歩(?)ということで。

明治神宮に向かいます。

徳永英明ごっこー!!



脳内BGM>導火線 (椿屋四重奏)


あまりの衝撃で、何の話をしてる時だったか忘れたけど。

母上の言葉。


「こないだ、東京にライヴ見に行った人、ほら、椿三重奏。」


……。

いやー、惜しいね、面白く惜しいね。

其れね、椿三十郎が混ざってるでしょ。

安高さん加入までは3人だったから、まぁ、なんか凄く惜しいけど、でもね、違うね。


ごはん食べてる時にそういう面白い事言われるとさー、苦しいよね、ああ、笑いすぎて腹筋痛いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

東京旅行記~第1章 飛行機乗れちゃうもん~

この連載、年内には終わらない気がしてきた。

1日2件は更新せねば(笑)。

だって、やっと出発よ。


空港で、また、一悶着やってます。


あたし、飛行機に独りで乗るのって初めてで。

今までは、修学旅行やパック旅行だったので。

出発前の空港なんて、誰に頼まれてもないのに、その場を盛り上げるのに必死で。(←でも、クラスの中心ではなく、周りの5~6人に絡むタイプ。)

なーんか面白いことやりたい、しか考えてないので。

チェックインとか、荷物検査とか、流れるままに、連れられるままに、何も考えた事なかったんですよ。


其れが。

今回、独りじゃないですか。

解らない事だらけですよ。


まず。

前日までに、ウェブチェックインを済ませてました。

インターネットでチェックインをして、QRコードを取得し、其れを空港でかざすだけで、チケットレスで飛行機に乗れちゃう、ってやつです。

更に、席の予約も、その時に完了しちゃうのです。

スムーズだし、カッコイイし、迷わず其の方法をとったんですけど。

其処まではね、良かったんですよ。


でもね、あたし、チェックインっていうものの意味が、あまり解ってなくてですね。


空港に着いたものの、何処に行って良いか解らず。(←ノープラン。)

とりあえず、人が並んでる所に行ったら何とかなる筈だ。

…という、日本人特有の“右へならえ”の発想に基づき、並んでみました。(←安易。)


自分の番になって。

「あの、此れで、乗りたいんですけど。」と、QRコードを見せたらば。

案内係のお姉さんが、しばし携帯を見た後。

衝撃の一言。


「お客様、此れは航空会社が違います。JALのカウンターはあちらになります。」 (←にっこり。)


( ゚д゚)ポカーン


航空会社でカウンターって違うのーん!?

知らん! 知らんよそんなん!!

ややこしい! ややこしいギザ!!


とりあえず、愛想笑いで「あ、あっちですか? あ、あああ、すみません、てへっ」と、その場を後にする。


内心、「良いじゃーん、どっちも同じ飛行機なんだからー!」と思ったものの。

あとで、よくよく落ち着いて考えたらば。

ドコモの携帯持って、auショップに行って、「機種変更して下さい」って言うのと同じくらい恥ずかしい人よね、あたし。

どんまい、カオリ……。


さらに。

JALのカウンターに行って、同じように見せたところ。

「お客様、此れはチェックインがお済みですので、直接搭乗口へどうぞ」と言われる。

あ!

チェックインってそういう事!?(←このとき、ようやく理解。)

もう、乗って良いよって事なのね!?

更に、かなりテンパってるので。

「あ、あの、搭乗口って何処ですか。」と訊いてしまう。

笑顔で「2階です」と答えるお姉さん。

とりあえず、愛想笑いを振り撒きつつ立ち去りました。


搭乗口で、手荷物検査。

此処でようやく、QRコードが必要になります。

機械が、いくつかおいてあって、よく解らなかったので(←訊けよ。)、一番近くのに、ピッとかざしてみる。

「違います」の文字が、機械の画面に。

あれ?

もう1回。 「違います」

あれ?

見かねた検査員の方が、あたしの携帯を覗き見て。

「JALはこちらです。」と、奥の機械を示す。

ここでも機械が違うのかよ!

一緒にしとけよ!

解るかボケー!!

…と心で叫びながら、ピッとしたらば、今度は通りました。

更に。

そのまま検査をくぐると。

ピンポーン (←お約束。)

「すいません、カバンを検査にかけますねー。」と、ポシェットを取られる。

あ! あたし、ポシェットさげたまま通ってしまった!

鎖が付いてるデザインなのに。

ま、検査の方も、其の鎖が反応したとすぐに解ったみたいで。

下ろしたあたしに、「もう一度通ってください」と言われ、今度は問題なく通り。

ポシェットのX線検査も、難なく通り。

無事に乗れる事になったのでした。

いやーもう、此れ以上ボケれないくらいボケ倒してますよ。

独りだったのが勿体無いくらい。


あとは、もう、飛行機に乗るだけです。

乗って、席を探し、安心して座って。

小説を読みふけりました。


機内サービスは、迷わず珈琲を選択。

二日酔いの頭を醒ますのに、珈琲って良いんですよ。

機内で飲めることを計算して、家で飲まなかったという、ボケボケのわりに計算高い女。


本読んでたら。

福岡-羽田なんて、本当にあっという間だなー…と思いました。

新幹線で大阪行くより、時間かからないもんね。

遠いようで近いんだー…なんて思ったり。

ま、海外旅行のために成田までは何度か行った事あるんで、解ってる筈なんだけど、あれはあの後が長いから、記憶が薄いんだよね。


着いて。

飛行機を降りて、すぐさまjunさんに電話。

「もしもーし、着きました。」

「何処に居るの?」

「……搭乗口9番って書いてあるよ。」

「…………9番?」


で、9番に着いたけど、違うみたい、という電話を貰い。

気付く。


「あ。あたし、これ、外に出なきゃいけないんじゃない?」

「……うん、出てみようか。」(←呆れ声。)


「あ、出た、此れが外だ、出口1番だってー。」

「1番!? 遠い…(笑)」

「そっちいきますー。番号増える方に歩いて行けば良いよね?」

「そうだね、其の方向で。」


で、てくてく歩いていったらば、髪の長いお兄さんに会えました。

ああ、良かった。


そして、其の足で東京オペラシティまで向かいます。

蜷川実花の写真展を見るべく!

初台って駅まで。


お兄さんから、パスモを借り受けて。

ああ、やっと旅行の話題に入りますよ。

以下次号。





ちょっと、昨日の話題。

ギター見たいな…と思ってKEYと島村をハシゴ。

KEYは、いつも通り、ゆっくり見て。

問題は島村!

あそこの店員、暇なん?

見たいだけ、見てるだけって言うのに、なんであんなにしつこく付いてくるんだか!

「弾きますか? 弾いてみますか?」とか、もう、必要ないってー(泣)!

落ち着いて見れないと思って、消耗品のコーナーに移動。

弦を見てたら。

また、違う店員来て。

「弦、お探しですかー?」


弦くらい一人で見れるってー!!!


長くされてるんですかー、とか。

ライヴするならこの太さがお薦めですよー、とか。

このタイプが、音がクリアなんですよー、とか。


知ってるって!

知ってる、あたしだって、いろんな評価見てるから!!

使ってきて、好きな音選んでるから!!

でも、せっかく楽器屋来たし、新製品とか、どんなもんなのか見てみたくて見てるだけなの!!


本当に鬱陶しかったので。

結局、あまりマジマジと見る事も出来ず。

結局、いつも買ってるの買って帰ってきた。

うあー、つまんない!!


TWO-FIVEが筑紫野に行っちゃったのが本当に惜しい…。

あそこ、好きだったのになー…。

店員さんとの距離感も。(←KEYは、ちょっと、放っておきすぎな時もあるよね。)

お兄さんの爽やかな笑顔も。(←重要。)

ジークス(ロフトが出来る前のビル)にあった頃は、スタジオだって、綺麗で使いやすくて凄く良かったのだ。

何回も、ピアノ弾きに行ったっけ。


西通りの楽器屋も好きなんだけど、周りにキャッチが多過ぎて、面倒くさくて行きたくない。

自分の性別を呪う。



脳内BGM>moonlight (椿屋四重奏)


これ、ライヴで聴いたら泣きそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

東京旅行記~序章~

今日から、ちまちま書き綴っていきます。

ネタ満載の、東京旅行記。

カテゴリーまで作っちゃったよ。

ちゃんと、毎回選択できるんでしょうか…自分でハードルあげてます(爆)。


さて、今日は、序章。

皆さん、気になっているのは。

出発前の事だと思うんですよ。


金曜日、会社の忘年会。

カオリは、誘惑に負けず、1次会で帰ってこれたのか、という事だと思います。


ま、聞けよ。(←偉そう。)


飲み会の場所は、会社から歩いて2分ほどの場所にある地鶏やさんで。

鳥料理が沢山出てくる、良いお店でした。

炭火焼のが美味しかったー、ゆず胡椒つけて食べるんだけど、凄く良かった。

最後のなべも美味しかったし。

店員さんの雰囲気も好きでした。

で、最初の1杯がビールで。

この日ねー、飲み会楽しみにしてて、水分を必要最低限にしてた所為か。

苦手なビールが、美味しくてですね。(←炭酸苦手だから、本当は飲めないけど、最初の1杯は付き合うんです、大人だから。)

さらっと1杯、飲み干しちゃって。

すぐに、日本酒注文。

飲んでやるー!…と、勢いを付ける。(←危険。)

飲み放題なんで、関係ないですけど、店員さんの注ぎ方がですね、サービス良くて。

冷酒を、グラスで頼むと。

大体、升の受け皿があって、其の中にグラスが入ってるじゃないですか。

で、普通は、升の中って、ちょっと零れたなー…くらいしか入ってないんです。

其れが、常連さんだったり、話が弾んできたりすると、お店の人の気持ちでですね、升に零れてる量が多くなってきたりするんですよ。

で、グラスを半分くらい空けたら、升の中のをグラスに移して飲む、というのが一般的な飲み方で。

男性は、そのまま升で呑んじゃったりもしますけどねー。

ま、其のサービスがね、凄く良くて、「やるじゃねーか」と思ったらさ、こっちも負けじと飲んじゃって。(←負けて良いです。)

明日飛行機、東京、飛行機、東京…と、頭の隅にチラッチラッとよぎるものの。

「大丈夫だって、あたし誰よ? カオリよ? 大丈夫に決まってるわよ」と、気が大きくなるのもホントで。(←酔ってる証拠。)

結局、3杯目のお代わりまでしました、確実に。

もしかしたら、4杯いったのかなー…多分いってないと思うんだけど、ま、その辺ってことだ。

で、店出て。

其処で、其の日でお別れになっちゃう事務員さんと、話が盛り上がり。

メアド交換なんぞしているうちに。

中州へ流れる組が出来上がる。

で、話が盛り上がってた事務員さんは、家が遠いので「中州は無理」と言う。

あたしも、明日用事があるから無理!…と、心の中で叫び、その場を後にしようとするも。

魔の声が。


「じゃ、最終バスの時間まで、道路渡った向かいの、あの店でもう少し飲もうか。」


あ、向かいの店?

今、何時?

10時?

(一緒に話してた事務員さんの)最終バスって何時?

あ、10時半?

そう、本当にちょっとですねー。

盛り上がっちゃったしー。

近いしー。

あたしの最終は12時まであるんでー。


行っちゃえ!! (←意思が弱い……。)


すみません。

行きました。

2次会、行きました。

迷わず行きました。


何人だったかなー?

女性3人(カオリ含めてます)、男性4人かな。


で、其処でも2合のお調子を2人で2本は空けたんで。

確実に2合入ってるね。


で、途中、最終の時間に合わせて2人が退席。

割と家が近い組は、あれこれ喋りつつ飲む。

結局、11時半まで居ました。

家が近くの優しい部長さんが、タクシーで送って下さいました。

いつもお世話になってます。


帰宅後。

既に寝てる両親を起こさぬよう。

とりあえず、明日の為に(日付超えてたけど)、お風呂に入る。

やばい。

お風呂楽しい。

あたし、完全に酔ってる。


上がって。

髪を乾かして、絶対に巻かなきゃ、と思う。

だって!

椿屋に会うのに!!

気合入れなくてどーすんの!?

これが、1時です。


そして。

何故か、次に気が付いて、携帯の時計を見たら2時でした。

ん?

何?

この空白の1時間は。(←寝てる以外に何があるというのだ。)


うわーん、ちょっと、6時前に起きなきゃいけないのにー!

布団で寝なきゃ、ぐっすり寝なきゃ、覚めないよーう!

でも、鏡見て。

半端にしか巻かれてない髪を見て、女が目覚める。

巻く…全部巻くもん…くるんくるんにしてやんよ。(←意地。)

で、巻き終わって。

寝ようと思うも、其処で理性が目覚める。

水…水分取り入れておかなきゃ、アルコールが出て行かない…中和されない…。(←流石、経験地の高い女。)

で、がばがばと、コップ2杯の水を飲み、無事に就寝したのでした。


無事に6時前に起床し。

なんだか冴えない頭と、ちょっと酔って気持ち良い感じの身体で準備をし。

母上の用意してくれたおにぎりを食べようとするも、いつもの半分の量しか入らず。

「御免…さすがに無理…」と言ったらば、「食べれる量だけにしとかないkらでしょ!」と逆ギレられる。

い、いや、お母さん…これを握ってきたのは貴女です…感謝してます、けど、こんな大きいのは頼んでないです…(笑)。

でも、お味噌汁は飲み干しました。

ああ、飲んだ次の日の朝のお味噌汁って、何でこんなに身体に染み渡って美味しいんだろう。(←オヤジ。)

幸せだなぁ、あたし、幸せだなぁ。

でも、こんな所で幸せ感じてる場合ではありません、飛行機に乗らねば。


バス・電車・地下鉄の乗り継ぎは、事前チェックしてたので、スムーズに行きました。(←飲んだ頭では調べられないだろうと、前もって調べてました、結構学習もしてます。)


空港で、21日に会う予定のbeevaちゃんへのお土産も買い。

無事に飛行機に乗れるかな……と思ったら大間違いだぜベイベー。


とりあえず。

次回からが本編ですね。

ああ、まだまだ長いぜ、東京までの道程。


何で、あたし、普通に旅するだけなのに、前日から笑いが取れるんだろう。











過去ばかり振り返ってても変なので、リアルタイムな報告もします。

今年のクリスマスは、人生で一番素敵なプレゼントを貰いました。

サニーサンタが現れました(笑)。

もともと、1月24日に、親富孝のライヴハウスでライヴが決まってたんですけど。

其れとは別に、1月16日に、大橋のclub49でライヴできる事になりました。

ビー球ラウンジと対バンです。

夢のような話だ。

49には、もう帰れないと思ってた。

よく解らないけど。

結局、夢は夢だって、諦めろって言われてるんじゃないかと思うほど、絶望してた9月末。

全てを諦めきらなくて良かったと思います。

良い子に出来てたかどうかは疑問な部分もあるけど、サンタさんが持ってきてくれたプレゼントなので、しっかり、其れまで良い子で練習します。



脳内BGM>トーキョー・イミテーション (椿屋四重奏)

| | コメント (2) | トラックバック (0)